リンク先最新記事
最新更新情報一覧
スポンサードリンク




2017年05月01日

クイーンエリザベスII世C 結果 ネオリアリズム


★★★



現地時間30日、香港のシャティン競馬場で行われたクイーンエリザベスII世C(3歳上・香G1・芝2000m・1着賞金1140万香港$)に、日本のネオリアリズム(牡6、美浦・堀宣行厩舎)が出走

8頭立てで行われ、J.モレイラ騎手騎乗のネオリアリズムは中団からの競馬
向上面で仕掛けて先頭に立つと、最後まで脚色が衰えることなく、後続の追撃を振り切って優勝した
昨年のマイルCS3着、香港マイル9着に続く3度目の挑戦で、うれしいGI初制覇
勝ちタイムは2分04秒59

2着はS.デソウサ騎手騎乗のパキスタンスター(セ4、香・A.クルーズ厩舎)
3着にはH.ボウマン騎手騎乗のワーザー(セ5、香・J.ムーア厩舎)が入った

半兄のリアルインパクトも豪州G1を勝っており、日本調教馬としては初となる兄弟国際GI制覇の偉業も達成した


ネオリアリズム(牡6)
騎手:J.モレイラ
厩舎:美浦・堀宣行
ネオユニヴァース
トキオリアリティー
母父:Meadowlake
馬主:キャロットファーム
生産者:ノーザンファーム
通算成績:19戦8勝
主な戦績:2017年クイーンエリザベスII世C(香G1)1着


★★★




 にほんブログ村 競馬ブログへ
他の競馬情報を見る方はこちら
posted by まこつん at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外競馬情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

丸田恭介騎手、松若風馬騎手騎乗停止へ


★★★

新潟11Rで、9位に入線した3番タガノブルグに騎乗した丸田恭介騎手は、最後の直線コースで外側に斜行し、他馬の走行を妨害したため、2017年5月6日(土)から5月14日(日)まで9日間の騎乗停止となった

なお、タガノブルグは10着に降着となった


新潟12Rで、2位に入線した10番ダノンブライトに騎乗した松若風馬騎手は、最後の直線コースで外側に斜行したことにより、2017年5月6日(土)から5月7日(日)まで2日間の騎乗停止となった

なお、この件で降着はない


★★★



 にほんブログ村 競馬ブログへ
他の競馬情報を見る方はこちら
posted by まこつん at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第155回 天皇賞(春)(GI) 結果


★★★





京都競馬場で行われた天皇賞・春(4歳上・GI・芝3200m)は、大逃げ馬から離れた2番手でレースを進めた武豊騎手騎乗の1番人気キタサンブラック(牡5、栗東・清水久詞厩舎)が、4コーナーで先頭に立ってゴールまで押し切り、好位追走から脚を伸ばした4番人気シュヴァルグラン(牡5、栗東・友道康夫厩舎)に1.1/4馬身差をつけ優勝した
勝ちタイムは3分12秒5(良、日本レコード)

さらにクビ差の3着に2番人気サトノダイヤモンド(牡4、栗東・池江泰寿厩舎)が入った
なお、3番人気シャケトラ(牡4、栗東・角居勝彦厩舎)は9着に終わった

勝ったキタサンブラックは、父ブラックタイド、母シュガーハート、その父サクラバクシンオーという血統
頂上決戦と謳われた一戦を見事レコードで制し、史上4頭目となる天皇賞・春連覇を達成した
1番人気馬の本レース制覇は2006年のディープインパクト(当時からこの日までのレコードホルダーでもあった)以来、11年ぶり

レース後のコメント

1着 キタサンブラック(武豊騎手)
「直線では何とか頑張ってくれと思って追いました。さすがに最後は一杯一杯。タフな競馬でしたが、道中はこの馬しか今日のペースには対応出来ないだろうと思っていました。ディープインパクトのレコードタイムは当分破られないだろうと思っていましたが、ついに破られました。去年の今頃と比べると本当に強くなっています

2着 シュヴァルグラン(福永騎手)
「体が絞れてムダのないいい体になっていました。こういう競馬がしたいと思っていたレースが出来ました。早めに動いて行くレースでも最後まで力を振り絞ってくれました。あと僅かでした。タフなレースでよく頑張りましたが、相手が強かったです」

3着 サトノダイヤモンド(ルメール騎手)
「今日はキタサンブラックが強かったです。サトノダイヤモンドは外枠でも先行馬を前に置いて、いいポジションでレースが出来ました。ただ、キタサンブラックは自分のペースでレースが出来ていて、直線では前に届きませんでした。内枠なら2着はあったと思います」

4着 アドマイヤデウス(岩田騎手)
「位置を取りに行きました。折り合いはついていました。しかし、3コーナーでモタついた分が出たと思います。4コーナーまでグッという感じで行っていたら勝ち負けだったと思います」

5着 アルバート(川田騎手)
「ある程度スタートで出して行ったのですが、あの位置(後方)になりました。途中からサトノダイヤモンドの後ろについて行ってよく頑張りました。今日は上位の馬が強かったです」

6着 ディーマジェスティ(蛯名騎手)
ずっと突っ張るように走っていました。ここのところレースになると突っ張っています。行きっぷりが悪いです。走っているフォームも良くありません。こんなものではありません。今日は手応えが悪いままで終わってしまいました」

7着 ゴールドアクター(横山典騎手)
「今日のところはスタートがすべて。ガタガタした時にスタートが切られてしまって…」

8着 トーセンバジル(四位騎手)
「今回はいつもより位置を取りに行ってほしいというオーダーでした。しかし、ペースが速くなると1回置かれてしまうところがあります」

9着 シャケトラ(田辺騎手)
「馬場とメンバーを考えてポジションを取りに行きました。その分、最初は力んで走りましたが、すぐに折り合って流れに乗ってレースが出来ました。しかし、ペースが上がったところでモタついてしまいました。最後は力尽きた形です。ただ、それも勝ちを意識した分の結果ですし、まだまだ伸びしろのある馬だと思います」

11着 ワンアンドオンリー(和田騎手)
「リズムは良かったのですが、手応えがずっとありません。覇気を出してくれません

15着 ヤマカツライデン(松山騎手)
「時計は速かったですが、自分の競馬が出来ました。しかし、早めに来られてしまいました。馬は頑張ってくれました」

17着 ラブラドライト(酒井騎手)
自分の競馬をしていません。押して行ってもモサモサとしていました。とりあえず今日は終始ラチ沿いを走ろうとレースを運びました」



★★★




 にほんブログ村 競馬ブログへ
他の競馬情報を見る方はこちら
posted by まこつん at 03:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

第14回 福島牝馬ステークス(GIII) (的中)


★★★



福島競馬場で行われた福島牝馬S(4歳上・牝・GIII・芝1800m)は、後方でレースを進めた吉田隼人騎手騎乗の3番人気ウキヨノカゼ(牝7、美浦・菊沢隆徳厩舎)が、直線で外から一気に脚を伸ばして、中団追走から一旦は先頭に立った4番人気フロンテアクイーン(牝4、美浦・国枝栄厩舎)をゴール前で捕らえ、これにクビ差をつけ優勝した
勝ちタイムは1分46秒8(良)

さらにクビ差の3着に1番人気クインズミラーグロ(牝5、美浦・和田正道厩舎)が入った
なお、2番人気クロコスミア(牝4、栗東・西浦勝一厩舎)は7着に終わった

勝ったウキヨノカゼは、父オンファイア、母アドマイヤダッシュ、その父フサイチコンコルドという血統
2015年8月のキーンランドC以来となる勝ち星を挙げた
重賞は3勝目
また、本馬はこの勝利で5月14日に東京競馬場で行われるヴィクトリアマイルの優先出走権を獲得した


1 E〇ウキヨノカゼ 牝7 54.0 吉田隼人 1:46.8
2 G◎フロンテアクイーン 牝4 54.0 北村宏司
3 H△クインズミラーグロ 牝5 54.0 武豊
4 Bデンコウアンジュ 牝4 54.0 秋山真一郎
5 Nリーサルウェポン 牝6 54.0 丹内祐次
6 @△ギモーヴ 牝4 54.0 鮫島克駿
7 Lクロコスミア 牝4 54.0 戸崎圭太
8 Fトウカイシェーン 牝4 54.0 田中健
9 Iエテルナミノル 牝4 54.0 菱田裕二
10Mロッカフラベイビー 牝5 54.0 津村明秀
11J☆ブリガアルタ 牝4 54.0 勝浦正樹
12Aハピネスダンサー 牝6 54.0 北村友一
13Oタマノブリュネット 牝5 54.0 丸山元気
14D×ウインファビラス 牝4 54.0 松岡正海
15K▲ペイシャフェリス 牝6 54.0 川須栄彦
16Cウエスタンレベッカ 牝7 54.0 義英真


馬単  〇→◎  6,480円 的中
三連複 〇−◎−△ 3,600円 的中
三連単 〇→◎→△ 24,790円 的中

6700円→34870円

レース後のコメント


1着 ウキヨノカゼ(吉田隼人騎手)
「末脚のいい馬ですし、自信がありました。先週の追い切りに乗せていただき、7歳とは思えないフレッシュさがあります。最終週ですが、前残りの多い馬場ですから、その点は心配でした。最後の直線、一度切り返すロスがあり、ヒヤッとしましたが、差し切ってくれましたし、今日は馬の力に助けられました。ヴィクトリアマイルが楽しみだと思います。是非このコンビで乗せてもらえたらと思っています」

2着 フロンテアクイーン(北村宏司騎手)
「返し馬からゲートまで、いい感じで落ち着いていけました。けっこうタイトでしたが、よく踏ん張って、3着馬との争いはしのいでくれたのですが…。よく走ってくれました」

3着 クインズミラーグロ(武豊騎手)
「スタートが悪かったらゆっくり行こうと思っていました。道中の感じは悪くなかったです。結果的に、4コーナーでもうワンテンポ遅らせた方が良かったかもしれません。残念です」

4着 デンコウアンジュ(秋山真一郎騎手)
器用な馬ではありませんから、外からストライドを伸ばした方がと考えて乗りました。直線に向いて手応えはありましたが、抜け出してから、内にもたれてしまいました。牝馬同士ならチャンスはあると思います」

6着 ギモーヴ(鮫島克駿騎手)
「ペースが速く、勝ち馬の後ろでスムーズに運べました。直線、いい脚で伸びてくれましたが、途中逆手前で走っていた分、スピードに乗りきるまでに時間が掛かってしまいました」

7着 クロコスミア(戸崎圭太騎手)
「いい形で折り合いもついていましたが、来られるのが早かったですね」

福島牝馬S 結果 [最強]競馬ブログランキングへ


★★★




 にほんブログ村 競馬ブログへ
他の競馬情報を見る方はこちら
posted by まこつん at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月21日

第14回 福島牝馬ステークス(GIII) 予想


★★★



人気薄馬の台頭に要注意の一戦


昨年は単勝15番人気のマコトブリジャールが勝ち、3着に13番人気のオツウが入った
一昨年も3着に13番人気馬が入り、3年前の2014年は3着に16頭立ての16番人気馬が入った
下位人気馬が台頭するケースがとても多い一戦だけに、今年も一筋縄ではいかない

・下位人気馬の台頭が目立つ重賞ではあるが、「3.9倍以下」の支持を受けた馬がまずまずの成績を残している
しかし、それに続く「4.0〜6.9倍」からは優勝馬が出ておらず、「7.0〜9.9倍」の馬が4勝を挙げている点が特徴的だ
さらに、「10.0〜14.9倍」と「15.0〜19.9倍」の成績に大きな差があるのも覚えておきたいデータと言える
また、3着馬10頭のうち5頭は「30倍以上」の馬

・過去10回の福島牝馬Sは、15頭立てだった2013年を除くと全て16頭立てで行われたが、その枠番別成績を集計してみると、優勝馬10頭のうち9頭は「1〜4枠」の馬で、2着馬は10頭中5頭が「6〜8枠」

・過去10回の出走馬について、前走のレース別に成績をまとめてみると、優勝馬10頭のうち9頭は前走で「牝馬限定の芝のGIII」に出走
前走・条件クラスから臨んで好走を果たした馬もいるが、結果を残しているのは前走が「中山牝馬S」・「愛知杯」・「京都牝馬S」といった「牝馬限定の芝のGIII」だった馬が中心となっている

前走で1着だった馬は1回も優勝していない
好成績を収めているのは「2着」組で、3着内率は70.0%に達している
ちなみに、「牝馬限定の芝のGIII」以外のレースから臨んで優勝したのは2006年のロフティーエイムだが、同馬は前走の1000万下・野島崎特別で2着に敗れていた

・対象とした過去10回の福島牝馬Sでは、「前年の秋に京都競馬場で出走していた」という経験を持つ馬が2007年を除いて連対している
該当したレースを見てみると、エリザベス女王杯や秋華賞が多くなっている
今年も出走馬の中にそのような馬がいたら、注目しておくのも面白い

以上から僕の予想は

◎Gフロンテアクイーン(北村宏)

〇Eウキヨノカゼ(吉田隼)

▲Kペイシャフェリス(川須)

△Hクインズミラーグロ()

△@ギモーヴ(鮫島)

×Dウインファビラス(松岡)

☆Jブリガアルタ(勝浦)



★★★



 にほんブログ村 競馬ブログへ
他の競馬情報を見る方はこちら
posted by まこつん at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 馬券予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
予想家さんたちの記事