リンク先最新記事
最新更新情報一覧
今週の中央競馬重賞
にほんブログ村 競馬ブログトラコミュ

第48回 デイリー杯2歳ステークス(GII)

第64回 毎日王冠(GII)

第48回 京都大賞典(GII)

数々の競馬ブロガーさんたちが様々なところから持ち寄り、集めた情報話題、更には各ブロガーさんたちの予想もレースごとにまとめられています
是非予想の参考にお役たてください
見ないと損ですよー★

種牡馬★  ★有力馬次走★  ★騎手★  ★調教師★  ★新馬情報★   ★地方競馬
海外競馬★  ★競馬騎手応援★  ★武豊騎手★  
競馬(中央競馬、地方競馬、海外競馬)情報
競馬ニュース

競馬ブログランキング
スポンサードリンク




2013年10月08日

オルフェ池添で有馬ラストラン


★★★



有終の美を飾る
2年連続の2着に敗れたオルフェーヴル(牡5、池江)は12月22日中山の有馬記念(G1、芝2500メートル)でラストランを迎える
クリストフ・スミヨン騎手(32)は短期免許での来日予定がなく、鞍上は池添謙一騎手(34)で決定的だ
池江泰寿調教師(44)は早くも必勝を誓った
激闘から一夜明けた7日も異状は見られず、15日に帰国の途に就く

落とした視線をすぐに上げた
最後にもう1つだけ、大きな目標が残っている
日本のファンの目に、黄金色の雄姿を焼きつける−
激闘から一夜明け、オルフェーヴルはシャンティイの朝日に照らされながら静かに歩を進めた
約1時間の乗り運動
池江師
「精いっぱいやった。悔いはない。馬もやりきった感じがある」

と吹っ切れた表情を浮かべた

勝って引退する
ラストランは有馬記念
スミヨン騎手に短期免許での来日予定がないため、池添騎手が手綱をとるのは決定的だ
トレーナー
「まだ何も聞いてない」

とした上で
「他に乗せようがないでしょ」

と見通しを示した
そして早くも必勝を誓った

池江師
「有終の美を飾らせてあげたい。ファンの方も、そういう姿を望んでいるはず。まず勝つことありき。勝つことにこだわる。」

 
凱旋門賞の完敗は認めざるをえない
中団の外を追走して、4コーナーで進路がやや狭くなる場面以外はスムーズなレース運び
懸命に追い上げたが、直線に入る前からロングスパートを敢行したトレヴに5馬身差をつけられた
ロンシャンに詰めかけた5800人の日本人ファンはため息をつくしかなかった

スミヨン
「100%の力は出せた。トレヴがすごすぎた」

と脱帽
池江師と握手をかわし
スミヨン
オルフェーヴルに乗れて本当に幸せだった。ソーリー」

と言い残した

胸を張って帰国すればいい
2年連続の連対は92回の歴史で14頭目
07年から3年連続2着となったユームザイン以来だ
今後は15日にフランスを離れてアムステルダム経由で帰国予定
千葉県の競馬学校と栗東近郊のノーザンファームしがらきで検疫を受ける
池江師
「有馬記念で恥ずかしい競馬をしたら、凱旋門賞の価値を損なう。威厳を見せたい」

手綱を緩めない

オルフェーヴルの世界挑戦は終わった
それでも、いつかは必ず頂点に立つ
池江師
「勝てないレースじゃない。降参したわけじゃない。なんとかしないとあかんと思う。生きているうちには」

まずは年末のグランプリで、偉大な蹄跡を残した3冠馬を大団円へ導く




★★★




 にほんブログ村 競馬ブログへ
他の競馬情報を見る方はこちら
posted by まこつん at 19:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月28日

【凱旋門賞】オルフェ落ち着き キズナ雰囲気良し


★★★



オルフェーヴルは26日(日本時間同日午後)、ラモルレー調教場の逍遥(しょうよう)馬道で1時間半の乗り運動を消化した

池江師
「落ち着きがあり、身のこなしも柔らかく順調。筋肉の張りも一段と良くなっている。追い切り(25日)の反動もなく上昇している」

と語った


キズナはエーグル調教場(ダート)で軽めのキャンターを2000メートル

山田助手
「馬の雰囲気はとてもいい。キズナ本来の感じに近づいている。1度レース(ニエル賞)を使って確実に上向いている」

と話した



★★★




 にほんブログ村 競馬ブログへ
他の競馬情報を見る方はこちら
posted by まこつん at 22:52 | Comment(0) | TrackBack(1) | 競馬情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月25日

第80回 東京優駿(GI) 予想


★★★

更新が全然出来なくて、もしかしたらご迷惑をおかけしているかもしれません
すみません(;_;)


明日は競馬の祭典「日本ダービー」ということで一応僕の予想を書いときます

◎Aコディーノ(C.ウィリアムズ)

◯Dメイケイペガスター(藤田)

▲@キズナ(武豊)

△Gロゴタイプ(C.デムーロ)

△Hエピファネイア(福永)

×Fヒラボクディープ(蛯名)

☆Iタマモベストプレイ(和田)


フッと更新するかもしれませんが、不定期です

本業が落ち着くまでお待ちくださいm(__)m


それでは、日本ダービー楽しみましょうね!!!


★★★




 にほんブログ村 競馬ブログへ
他の競馬情報を見る方はこちら
posted by まこつん at 22:41 | Comment(3) | TrackBack(6) | 馬券予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月11日

第8回 ヴィクトリアマイル(GI) 予想


★★★



にほんブログ村 トラコミュ 第8回 ヴィクトリアマイル(GI)へ
第8回 ヴィクトリアマイル(GI)



2006年に創設されたばかりのレースではあるものの、ウオッカブエナビスタという、競馬史に名を残すスターホースも参戦しているヴィクトリアマイル
しかしその2頭は優勝経験があるものの、2着に敗れたという経験もあわせ持っている
そして昨年は、一昨年の覇者であるアパパネが5着に敗れた
ここに照準を合わせた伏兵馬が強烈な印象を残すことも多いこの一戦





やはり伏兵陣の台頭が

過去7年のヴィクトリアマイルでは、単勝「1番人気」馬が連対率、3着内率ともに57.1%という数字でトップ
「2番人気」馬も2勝しているが、残る5頭はすべて4着以下に敗れている
その他では「4〜5番人気」馬が2勝を挙げ、「6〜9番人気」馬も2着に3頭を送り込むなど、中位〜下位人気馬の活躍ぶりは注目できそうだ





4歳馬が中心

過去7年のヴィクトリアマイルで、2着以内に入ったのは「4歳」馬と「5歳」馬のみ
なかでも「4歳」馬が好走率のすべてでトップに立っている
なお、「6歳」馬が3着に2頭入っているが、その2頭はいずれも、前走を勝利し上り調子でこのレースに臨んでいた馬だった





関東と関西の数字を比較すると?

過去7年のヴィクトリアマイルでは、「関東馬」が4勝、「関西馬」が3勝と勝利数ではほとんど互角だったが、勝率では「関東馬」が倍以上の数値をマーク
しかし、2着と3着の回数は「関西馬」が「関東馬」を圧倒しており、3着内率では「関西馬」が上位となっている
また、騎乗の所属別成績をみてみると、「関東所属」騎手が優勢となっている





前走のレース別成績に偏りが

前走のレース別成績をみると、もっとも好成績を残しているのは前走が「海外のG1」だった馬
それに対し、前走が「国内のGI・JpnI」だった馬がすべて7着以下に敗れているのは気になるところだ
その他のレースに目を向けてみると、「読売マイラーズC」、「ダービー卿チャレンジT」という、牡馬相手の重賞に出走していた馬が好成績を挙げているのが目立つ
「阪神牝馬S」、「中山牝馬S」組もまずまずの成績となっているが、その他の路線からの参戦馬は苦戦傾向
とくに前走が「福島牝馬S」だった馬は延べ32頭が出走して、3着以内に入ったのは2009年2着のブラボーデイジーだけとなっている





年明け後のローテーションに注目!

過去7回の3着以内馬について、近走の成績を調べてみると、「その年の牝馬限定重賞に2回出走していた」という馬が、毎年1頭だけ2着か3着に入っているという興味深いデータが見つかった
今年もおそらく該当馬が出走してくるはず
その結果がどうなるのか、大いに注目してみたい





最近4年間の優勝馬の共通点は?

ヴィクトリアマイル優勝馬の近走の成績を調べてみると、2009年以降の優勝馬4頭は、「前年の秋に、GI で3着に入っていた」という共通点を持つことがわかった
今年もそのような戦歴をもつ馬が出走してきたら、勝ち馬の候補に入れておくことをおすすめしたい





東京芝1600mはスタート地点が向正面の右手奥なのでバックストレッチが長く、枠順の有利不利はあまりありません
そのバックストレッチが緩やかな下りになっているため、平均ページ以上の緩みのないペースになりやすく、勝負は直線に向いてからになります
ただし、追い込み一辺倒では厳しく、粘り強い先行力または長く持続する末脚が必要です
純粋なマイラーよりもやや距離の融通が利く、中距離志向の馬に分があります



以上から僕の予想は


競馬ブログランキングへ
クリックしますと、このブログの現在の順位が出ますので紹介文のところに馬名を書いてます。お手数をお掛けしますが、ランキングにご協力下さい(・ω<)

◯Eドナウブルー(C.ウィリアムズ)

▲Jヴィルシーナ(内田)

△Mアロマティコ(福永)

△Lレインボーダリア(柴田善)

×Cハナズゴール(浜中)

☆Bジョワドヴィーヴル(川田)

これで確実にいただけます

ヴィクトリアマイル 予想 競馬ブログランキング


★★★





 にほんブログ村 競馬ブログへ
他の競馬情報を見る方はこちら
posted by まこつん at 23:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 馬券予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月10日

第58回 京王杯スプリングカップ(GII) 予想


★★★



にほんブログ村 トラコミュ 第58回 京王杯スプリングカップ(GII)へ
第58回 京王杯スプリングカップ(GII)



近年のこのレースの勝ち馬の中から、2005年のアサクサデンエンが次走の安田記念に優勝したのをはじめ、2012年のサダムパテックは、同年秋のマイルチャンピオンシップに優勝、2011年のストロングリターンは、次走の安田記念で2着だったものの、翌2012年の安田記念で栄冠を手にしている
安田記念への重要な前哨戦という位置付けだけでなく、今後のマイル戦線を占う意味でも重要なレースと言えるだろう





「芝の1600万下」からの臨戦馬が好成績!

前走の条件別成績を集計すると、好走率のすべてでトップとなっているのが前走「芝の1600万下」組
勝率15.4%、連対率30.8%、3着内率38.5%と悪くない数値でもある
3着以内馬の頭数で見れば「芝のGI」・「芝のGII」組からそれぞれ8頭が送り出されているが、両グループとも3着内率は20%台にとどまっている
前走で芝の重賞に出走していた馬は、もちろんノーマークにはできないが、今年も「芝の1600万下」からの臨戦馬は、大いに警戒すべきだろう





前走6着以下でも軽視禁物!?

前走の着順別成績では、3着内率で20%を超えたのは「5着」(27.3%)、「1着」(25.9%)、「3着」(20.0%)の3グループだった
しかし、前走で6着以下のグループも「6〜9着」組が3着内率19.0%、「10着以下」組が同13.6%と健闘している
前走で6着以下に敗れていた馬でも、軽視は禁物かもしれない





単勝2〜5番人気が狙い目!?

単勝人気別成績を見ると、「1番人気」組が連対ゼロ、3着内率10.0%という低い数値にとどまっている
それに対し、「2番人気」組と「5番人気」組が3着内率60.0%をマークしトップに立ち、「3番人気」組が同50.0%で続いている
なかでも「5番人気」組は連対率でも60.0%と高い数値をマークしており、今年も目を離せない存在となりそうだ





4・5歳馬が圧倒!

2007年以降の過去6年における年齢別成績では、「4歳」馬が1勝、「5歳」馬が5勝を挙げ、「6歳以上」の勝ち馬はゼロだった
今年も“勝ち馬探し”には、4〜5歳馬を重視するのがいいかもしれない




東京芝1400mはスタート地点から3コーナーまでの距離は300mと短いですが、急坂があるせいか、あまりハイペースにはなりません
思い通りポジションが取りやすい真ん中より内側の枠に有利な傾向があります
脚質による有利不利は少なく、自分のレースが出来るかどうかがカギになります
この距離でもマイルをこなせるだけのスタミナが要求されます



以上から僕の予想は

競馬ブログランキングへ
クリックしますと、このブログの現在の順位が出ますので紹介文のところに馬名を書いてます。お手数をお掛けしますが、ランキングにご協力下さい(・ω<)

◯Nダイワマッジョーレ(蛯名)

▲Mサダムパテック(武豊)

△Pテイエムオオタカ(戸崎)

△Hサンカルロ(吉田豊)

×Cガルボ(石橋脩)

☆Dトウケイヘイロー(内田)

これで確実にいただけます

京王杯スプリングカップ 予想 競馬ブログランキング


★★★





 にほんブログ村 競馬ブログへ
他の競馬情報を見る方はこちら
posted by まこつん at 18:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 馬券予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
予想家さんたちの記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。