リンク先最新記事
最新更新情報一覧
今週の中央競馬重賞
にほんブログ村 競馬ブログトラコミュ

第48回 デイリー杯2歳ステークス(GII)

第64回 毎日王冠(GII)

第48回 京都大賞典(GII)

数々の競馬ブロガーさんたちが様々なところから持ち寄り、集めた情報話題、更には各ブロガーさんたちの予想もレースごとにまとめられています
是非予想の参考にお役たてください
見ないと損ですよー★

種牡馬★  ★有力馬次走★  ★騎手★  ★調教師★  ★新馬情報★   ★地方競馬
海外競馬★  ★競馬騎手応援★  ★武豊騎手★  
競馬(中央競馬、地方競馬、海外競馬)情報
競馬ニュース

競馬ブログランキング
スポンサードリンク




2010年04月30日

天皇賞(春) データ分析 他

【天皇賞過去10年データ分析】
人気別
1番人気【3・0・3・4】
2番人気【2・2・2・4】
3番人気【1・3・0・6】
4番人気【0・2・2・6】
5番人気【0・0・2・8】
連対率は2番人気、3番人気が上位
昨年は12番人気のマイネルキッツが1着、3年前は11番人気のエリモエクスパイアが2着など10〜14番人気馬が各1連対している
3連単導入後の過去5年で20万馬券以上は3回と荒れることも

前走レース別
阪神大賞典【3・3・6・41】
大阪杯【3・1・2・18】
日経賞【2・5・1・27】
大阪ハンブルクC【1・1・0・13】
ダイオライト記念【1・0・0・0】
京都記念【0・0・1・3】
阪神大賞典、大阪杯、日経賞組が複勝圏30頭中26頭
最多連対の阪神大賞典組は12頭中11頭が3着以内からの参戦で、天皇賞で3番人気以内の馬が好走傾向
日経賞組は2400m以上のG1連対実績馬が好走
それ以外であれば長距離で底を見せていない馬に注意
大阪杯組はG1馬のみ好走
それ以外はデータ上は厳しい


エーシンダックマンは四位騎手、サウンドバリアーは内田騎手でNHKマイルC(5/9・東京)へ

右肩跛行でフローラSを取消したディアアレトゥーサは放牧へ
復帰は秋頃を予定

ブエナビスタレッドディザイアの2頭は栗東トレセンに帰厩
順調であればヴィクトリアマイル(5/16・東京)で対決する

東京スポーツ杯2歳S7着以来戦列を離れているモズは京都新聞杯(5/8・京都)で復帰

マイラーズC3着のキャプテントゥーレは京王杯SC(5/15・東京)へ

ダービー卿CT4着のフィフスペトルは安田記念(6/6・東京)へ直行する

フェブラリーSを取消後、休養していたオーロマイスターは欅S(5/29・東京)で復帰

メトロポリタンS4着のトリビュートソングは目具記念(5/30・東京)か新潟大賞典(5/8・新潟)へ

福島牝馬S10着のチェレブリタは都大路S(5/9・京都)へ

アンタレスS8着のトラセンドは東海S(5/23・京都)へ

オーストラリアT2着のシンボリグランはCBC賞(6/13・京都)へ

オーストラリアT4着のファリダットはテレビ愛知OP(5/22・京都)へ

カンパニーの半弟でデビュー戦を追い込んで2着のヒーローは2日京都・芝1600の未勝利戦で初勝利を狙う

皐月賞6着のリルダヴァルはNHKマイルC(5/9・東京)へ
賞金加算をし、ダービー出走を狙う

コスモファントムは松岡騎手、ゲシュタルトは池添騎手で京都新聞杯(5/8・京都)へ

マイラーズC18着のリトルアマポーラは金鯱賞へ

昨年11月の浦和記念5着後、戦列を離れているエーシンモアオバーは東海S(5/23・京都)かブリリアントS(6/12・東京)で復帰
その後は函館の大沼S(7/3・函館)へ向かう

福島牝馬S1着のレジネッタはゲート再審査をパスすればマーメイドS(6/20・阪神)に出走予定

皐月賞14着のトーセンアレスはダービー(5/30・東京)へ

赤木高太郎騎手(40・フリー)は5月1日付で栗東・石坂正厩舎所属に変更になる

皐月賞5着のアリゼオはダービー(5/30・東京)へ



 にほんブログ村 競馬ブログへ
他の競馬情報を見る方はこちら
posted by まこつん at 18:15 | 愛媛 ☁ | Comment(0) | 競馬情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月29日

ジェルミナル屈腱炎で引退 繁殖へ

福島牝馬Sで6着だったジェルミナル(牝4・父アグネスタキオン)は屈腱炎を発症
引退し、繁殖入りすることになった
昨年のフェアリーSを勝ち、桜花賞、オークスでもブエナビスタレッドディザイアに次ぐ3着に好走していた
通算13戦3勝(重賞1勝)

5月16日にシンガポール・クランジ競馬場で行われるシンガポール航空国際C(G1・芝2000)に出走するヤマニンキングリーは28日、国内最終追い切りを行った
29日に出国検疫のため美浦へ向かう
ジョッキーは武豊騎手を予定しているが、回復が遅れれば変更になる

桜花賞15着のモトヒメは放牧へ
今後はアイビスSD(7/18・新潟)を視野に

毎日杯5着のルーラーシップは横山騎手でプリンシパルS(5/8・東京)へ

肋骨の骨折が判明し、25日の京都競馬全11鞍を乗り替わった岩田騎手は予定通り今週騎乗する
天皇賞・春ではエアジパングに騎乗する

メトロポリタンS2着のトップカミングは目黒記念(5/30・東京)へ

オーストラリアT6着のアーバニティは京王杯SC(5/15・東京)かテレビ愛知OP(5/22・京都)へ

オーストラリアT5着のストリートスタイル、11着のマイネルフォーグはテレビ愛知OP(5/22・京都)へ

オーストラリアT17着のセブンシークィーンはCBC賞(6/13・京都)へ

中山牝馬Sを勝ったニシノブルームーンはヴィクトリアマイル(5/16・東京)へ

アハルテケSを勝ったシャルルマーニュはオアシスS(5/9・東京)へ

500万下を勝ち上がったブイコナンは葵S(5/15・京都)へ

大阪ハンブルクC2着のミッキーペトラは新潟大賞典へ向かう予定だったが、池添騎手で天皇賞・春に出走することになった
これにより賞金順で下回るホクトスルタンは出走ができなくなった

スマートファルコンは岩田騎手、ミリオンディスクは蛯名騎手でかきつばた記念へ

サンライズクォリアは福永騎手、タマモアルプスは藤岡佑介騎手で兵庫CSへ

桜花賞13着のプリセスメモリーはオークス(5/23・東京)へ

滝桜賞を勝ったロングロウは伏竜SからユニコーンSへ

フェブラリーS12着のレッドスパーダは安田記念(6/6・東京)を目標に

マイラーズC1番人気5着のスマイルジャックは安田記念(6/6・東京)へ

阪神牝馬S11着のキルシュブリューテはヴィクトリアマイル(5/16・東京)へ
除外の場合は京王杯SC(5/15・東京)へ

福島牝馬S3着のウエディングフジコはヴィクトリアマイル(5/16・東京)へ

500万下を勝ち上がったモエレエンデバーはユニコーンS(6/6・東京)へ



 にほんブログ村 競馬ブログへ
他の競馬情報を見る方はこちら
posted by まこつん at 18:59 | 愛媛 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 引退 死亡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月28日

天皇賞(春) 青葉賞 展望

【天皇賞・春】
過去10年の連対馬の傾向
連対20頭中18頭はG2以上で連対あり
残り2頭、ビックゴールドはG3中山金杯1着、エリモエクスパイアはG3ダイヤモンドS2着の実績あり
連対20頭中18頭は芝3000m以上のレースに出走歴あり
メイショウドトウマイネルキッツは芝2500mの重賞で連対歴あり
全馬が3月以降に1走以上
日経賞7連対が最多で、次いで阪神大賞典6連対、大阪杯4連対
4歳10連対、5歳7連対、6歳2連対、7歳1連対、8歳以上連対0
牝馬はG1馬3頭が挑戦したが、05年マカイビーディーヴァ7着、05年アドマイヤグルーヴ11着、09年テイエムプリキュア18着と苦戦

昨年の覇者マイネルキッツが日経賞Vから参戦
前走は6番人気と評価は低かったが、59キロを克服
ドリームジャーニーの回避により唯一のG1馬となり、実績は最上位
昨年は日経賞2着から12番人気での激走だったが、今年は受け立つ立場に
勝てば史上3頭目の天皇賞・春連覇となる
当レースを勝った馬には豪州G1・メルボルンC(11/2・G1・芝3200)への優先出走権が与えられる
世界制覇に向けた第一歩となるか

97年JRA年度代表馬エアグルーヴの仔・フォゲッタブルはダイヤモンドS1着以来約2ヵ月半ぶりの競馬
今年の平地G1はフェブラリーS(エスポワールシチー)、高松宮記念(キンシャサ)、桜花賞(アパパネ)、皐月賞(ヴィクトワールピサ)と1番人気が連勝中
天皇賞で1番人気が予想されるフォゲッタブルにとってはよい流れだ

9歳を迎えたエアシェイディだが、日経賞では2着に食い込み古豪健在をアピール
キングカメハメハダイワメジャーハーツクライコスモバルクカンパニーらと同世代の大ベテランで今回が9度目のG1挑戦
引き続き公営・南関東で1400勝を挙げている戸崎圭太ジョッキーとのコンビとなる

トーセンクラウンは中山記念を13番人気で制覇
フロック視されたためか前走の日経賞でも13番人気の低評価だったが、3着に好走した
オペラハウスダンシングブレーヴは07年勝ち馬のメイショウサムソンと同じ配合
長距離で怖い存在

ドリームジャーニーのリタイアにより出走が叶ったホクトスルタン
先週のメトロポリタンSにも登録していたが、直前で見送った
一昨年4着の実績が示す通り、体調が戻れば長距離では怖い存在
今回で3年連続の出走となるが、メジロアサマメジロティターンメジロマックイーンに続く父子4代制覇を狙う


【青葉賞】
藤沢和雄厩舎からペルーサミッションモードリリエンタールの3頭が出走
3頭ともに山本英俊氏の所有馬
Vなら藤沢師のJRA重賞勝利数は武田文吾氏を引き離す単独3位の82となる

フローラSも1,2を決め勢いに乗るゼンノロブロイ産駒が2頭スタンバイ
ペルーサは新馬、500万下、若葉Sと3連勝中
鞍上も今年すでに重賞8勝の横山騎手と注目が集まる
一方のハートビーソングも新馬、ゆきやなぎ賞とデビュー2連勝中と勢いに乗る
ゼンノロブロイ自身も03年の青葉賞優勝馬で2頭には父子制覇もかかる



 にほんブログ村 競馬ブログへ
他の競馬情報を見る方はこちら
posted by まこつん at 16:43 | 愛媛 | Comment(0) | 競馬情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

種牡馬バブルガムフェロー死亡 他

種牡馬バブルガムフェロー(牡17・父サンデーサイレンス)がブリーダーズスタリオンステーションにて肺炎のため死亡した
3月より熱発が続き、4月上旬に肺炎の診断を受けた
種付け業務を休養し、治療に専念していたが回復しなかった
同馬は95年にデビューし、同年の朝日杯3歳S(G1)を制覇
翌年もスプリングS(G2)を制し、ダンスインザダークロイヤルタッチイシノサンデーとともにSS産駒4強の1角を占めたが、骨折を発症
クラシックを棒に振ったが、4歳(現馬齢3歳)で天皇賞・秋(G1)を制覇
その後も97年鳴尾記念(G2)、毎日王冠(G2)1着をはじめ、宝塚記念ではマーベラスサンデーの2着、天皇賞・秋ではエアグルーヴの2着、ジャパンカップではピルサドスキーの3着に入るなど中距離路線で活躍した
種牡馬としては09年京成杯を勝ったアーリーロブスト、02年名古屋グランプリを勝ったアッパレアッパレなどを輩出した


アンタレスSを挫石のため回避したマチカネニホンバレはブリリアントS(6/12・東京)へ向かう

福島牝馬S4着のアルコセニョーラは中1週で新潟大賞典(5/8・新潟)を視野に

メトロポリタンSを勝ったナカヤマフェスタは短期放牧を挟み、宝塚記念(6/27・阪神)へ直行

メトロポリタンS3着のトウショウウェイヴは目黒記念へ

コーラルSをデビュー5連勝で制したのナムラタイタンは栗東S(5/16・京都)へ

ラジオNIKKEI杯2歳S2着後、戦列を離れているコスモファントムは京都新聞杯(5/8・京都)で復帰

福島牝馬S16着のダノンベルベールはヴィクトリアマイル(5/16・東京)か京王杯SC(5/15・東京)へ

香港遠征から帰国したネヴァブションは秋にはメルボルンC(豪G1)や暮れの香港遠征を視野に
春は宝塚記念’6/27・阪神)を目指す

連覇を狙った福島牝馬Sで2着のブラボーデイジーはヴィクトリアマイル(5/16・東京)へ

福島牝馬S12着のコロンバスサークル、13着のウエスタンビーナス、14着のムードインディゴはヴィクトリアマイル(5/16・東京)へ

オーストラリアTを勝ったサンダルフォンはCBC賞(6/13・京都)へ

アンタレスSを勝ったダイシンオレンジは東海S(5/23・京都)で重賞連勝を狙う

アンタレスS2着のナニハトモアレ、3着のフサイチセブン、4着のクリールパッション、5着のシルクメビウスは東海S(5/23・京都)へ

新緑賞を勝ったブレイクアセオリーは登録のある青葉賞は回避し、京都新聞杯(5/8・京都)へ

ムーニーバレーRC賞を勝ったネオポラリスは京都新聞杯(5/8・京都)へ

オーストラリアのクレイヴ・ウィリアムズ騎手(32)が短期騎手免許を取得
期間は5月1日から31日
身元引受調教師は栗東の森秀行調教師、身元引受馬主は広尾レース株式会社
同騎手は08-09シーズンの豪VIC州リーディングジョッキーで、07年ワールドスーパージョッキーズシリーズを制すなど、これまでにJRAでも32戦3勝の成績を残している

皐月賞9着のレーヴドリアンはプリンシパルS(5/8・東京)へ

安田記念(6/6・東京)に予備登録を行った外国馬のうち5頭が選出された

エイブルアン(セン8・香)
07,10年チャンピオンズマイル(G1)1着など
ビューティーフラッシュ(セン5・香)
10年ホンコンクラシックマイル(香G1)1着など
フェローシップ(セン8・香)
10年チャピオンズマイル(G1)2着など
ザユージュアルキューティー(セン4・米)
09年ハリウッドダービー(G1)1着など
キャットジュニア(牡5・英)
09年ParkStakes(G2)2着など

6月19日に新スタンドグランドオープンを迎える函館競馬場のイメージソングを石井竜也さんが歌うことになった
曲タイトル「未知への道」
なお、5月12日に発売されるニューシングル「OCEAN DRIVE feat.K」に収録される



 にほんブログ村 競馬ブログへ
他の競馬情報を見る方はこちら
posted by まこつん at 16:22 | 愛媛 | Comment(0) | TrackBack(0) | 引退 死亡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

武豊騎手負傷後初仕事はラジオ

落馬事故から1ヶ月が経ち、武豊騎手が負傷後、初めて公の場に姿を見せた
ABCラジオの番組に出演
5月16日のシンガポール航空国際Cでのヤマニンキングリーへの騎乗については日程的に厳しいがギリギリまでトライする
翌週のオークスでのアプリコットフィズへの騎乗も回復次第となるが、ダービーでのヴィクトワールピサへの騎乗には騎乗する意向

5月23日のオークス当日に行われるJRAプレミアム、東京クラウンプレミアムのメモリアルホースの受付が開始された
現在の人気は以下の通り

エアグルーヴ(1996年/1025票)
シーザリオ(2005年/881票)
カワカミプリンセス(2006年/722票)
メジロドーベル1997年/362票)

ホクトスルタンは四位騎手、エアシェイディは戸崎騎手で天皇賞・春へ

5月16日のヴィクトリアマイル当日に行われるJRAプレミアム、東京ロイヤルプレミアムのレース名が「ダンスインザムードメモリアル」に決定した
8942票を集め、次点はウオッカの8516票だった

ドバイWC11着のレッドディザイア、ドバイシーマクラシック2着のブエナビスタは29日に栗東トレセンへ帰厩する
ヴィクトリアマイル(5/16・東京)で激突する
過去の対戦は桜花賞、オークスはブエナビスタ、秋華賞はレッドディザイアが先着しており、ブエナビスタの2勝1敗

春の福島開催は8勝を挙げたデビュー2年目の丸山元気騎手(19)がリーディングを獲得
03年から移設された春の福島開催で中舘騎手以外の騎手がリーディングを獲得したのは初



 にほんブログ村 競馬ブログへ
他の競馬情報を見る方はこちら
posted by まこつん at 15:44 | 愛媛 | Comment(0) | 競馬情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フローラS 結果 他

東京で行われたフローラS(3歳牝・G2・芝2000)は横山騎手騎乗の1番人気サンテミリオン(牝3・父ゼンノロブロイ)が道中2番手追走から逃げた4番人気アグネスワルツを1馬身差交わし優勝
さらに1.3/4馬身差の3着に2番人気ブルーミングアレー
勝ったサンテミリオンはデビュー2連勝後、1番人気に推され出走した前走のフラワーCで3着に敗れていた
通算4戦3勝(重賞1勝)
なお、上位3頭にはオークスへの優先出走権が与えられる
いずれの三頭もオークス(5/23・東京)へ

1 ◯サンテミリオン 2:00.2
2 アグネスワルツ 1
3 △ブルーミングアレー 1 3/4
4 アマファソン アタマ
5 ▲アスカトップレディ 2
6 マシュケナーダ 1/2
7 ◎ベストクルーズ 1 1/4
8 ディミータ 1 1/4
9 メイショウスズラン ハナ
10 フラムドール 1 3/4
11 トレジャーチェスト 1 1/2
12 ×マイネアロマ クビ
13 トシザマキ クビ
14 メジロジェニファー 3/4
15 オルレアンノオトメ 2 1/2


福島第12Rで5位入線した中舘騎手騎乗のダノンフィーバーは他馬の進路を妨害したため9着に降着
騎乗した中舘騎手は5月1日から9日までの開催日4日間の騎乗停止処分となった

京都第3Rで熊沢騎手が落馬し、右大腿骨などを骨折
以降のレースは乗り替わりとなった

現地時間25日、香港シャティン競馬場で行われたクイーンエリザベス2世C(香G1・芝2000)はマーウィング騎手騎乗のヴィヴァパタカが優勝
日本から参戦したネヴァブションは先手を取り、スローペースに持ち込み、直線半ばまで先頭をキープしたが、最後に脚色が衰え、勝ち馬から1馬身半差の4着に敗れた



 にほんブログ村 競馬ブログへ
他の競馬情報を見る方はこちら
posted by まこつん at 15:32 | 愛媛 | Comment(0) | 競馬結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アンタレスステークス結果 他

京都で行われたアンタレスS(4歳上・G3・ダ1800)は川田騎手騎乗の4番人気ダイシンオレンジ(牡5・父アグネスデジタル)が中団追走から徐々に進出し直線抜け出すと、最後方から追い込んだ5番人気ナニハトモアレに1.1/4馬身差をつけ優勝
さらに1.1/4馬身差の3着に2番人気フサイチセブン
1番人気トランセンドは8着
勝ったダイシンオレンジは重賞初挑戦となった前走の平安Sでは1番人気2着に敗れており、今回が重賞初制覇
通算17戦6勝(重賞1勝)

1 △ダイシンオレンジ 1:49.7
2 ナニハトモアレ 1 1/4
3 ◯フサイチセブン 1 1/4
4 ×クリールパッション 1/2
5 ◎シルクメビウス ハナ
6 タマモクリエイト クビ
7 ロラパルーザ アタマ
8 ▲トランセンド 1 3/4
9 ドリームサンデー クビ
10 マルブツリード 1 1/4
11 フサイチピージェイ 1/2
12 ピイラニハイウェイ ハナ
13 ダイショウジェット クビ
14 △ウォータクティクス 9
15 ☆ラッシュストリート 大差


京都で行われた橘S(3歳OP・芝1400)は岡部誠騎手騎乗の9番人気エーシンダックマン(牡3・父サクラバクシンオー)が先手を取ると、直線も脚色は衰えず、8番人気ケイアイデイジーに1/2馬身差をつけ逃げ切り勝ち
さらに3馬身差の3着に1番人気パドトロワ
勝ったエーシンダックマンは通算9戦3勝

京都競馬場で騎乗予定だった岩田騎手は負傷のため乗り替わりとなった
24日の騎乗を終えた後、左脇腹に違和感を持ち、検査を行ったところ、左第9肋骨骨折、両側肺挫傷の診断
18日の中山競馬10Rで落馬した際に受傷したもの
なお、岩田騎手は来週は騎乗する意向を持っている




 にほんブログ村 競馬ブログへ
他の競馬情報を見る方はこちら
posted by まこつん at 15:15 | 愛媛 | Comment(0) | 競馬結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月25日

サンケイスポーツ賞フローラステークス(GII) 予想

第45回 サンケイスポーツ賞フローラステークス(GII)

◎Bベストクルーズ(田中勝)

◯Nサンテミリオン(横山)

▲Aアスカトップレディ(藤田)

△Mブルーミングアレー(松岡)

×Fマイネアロマ(柴山)


このレースの傾向として

1800m以上で連対したことがある

前走掲示板確保馬

前走ダートは消し

中5週以内(実績下位の馬は間隔が短い方が良い)

桜花賞トライアル組に注目

初勝利が1600m以下の馬

このレースが今年の3戦目



などが上げられる

正直◎ベストクルーズ、◯サンテミリオンの二頭で堅いではないかと思う

ただ、昨日本命田中勝春で外しているのが気になる…w


 にほんブログ村 競馬ブログへ
他の競馬情報を見る方はこちら
posted by まこつん at 14:30 | 愛媛 ☀ | Comment(0) | 馬券予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アンタレスステークス(GIII) 予想

第15回 アンタレスステークス(GIII)

◎Dシルクメビウス(田中博)

◯Lフサイチセブン(内田)

▲Kトランセンド(安藤勝)

△Aウォータクティクス(岡部誠)

△Jダイシンオレンジ(川田)

×Fクリールパッション(佐藤)

☆Hラッシュストリート(秋山)


このレースの傾向として

重賞ウィナー

前走重賞

前走重賞以外で2着以下は消し

マーチ組で好走している馬は割引



上位三頭は強いですが、その中でもリフレッシュした◎シルクメビウスに注目したいです





 にほんブログ村 競馬ブログへ
他の競馬情報を見る方はこちら
posted by まこつん at 14:14 | 愛媛 ☀ | Comment(0) | 馬券予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
予想家さんたちの記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。