リンク先最新記事
最新更新情報一覧
今週の中央競馬重賞
にほんブログ村 競馬ブログトラコミュ

第48回 デイリー杯2歳ステークス(GII)

第64回 毎日王冠(GII)

第48回 京都大賞典(GII)

数々の競馬ブロガーさんたちが様々なところから持ち寄り、集めた情報話題、更には各ブロガーさんたちの予想もレースごとにまとめられています
是非予想の参考にお役たてください
見ないと損ですよー★

種牡馬★  ★有力馬次走★  ★騎手★  ★調教師★  ★新馬情報★   ★地方競馬
海外競馬★  ★競馬騎手応援★  ★武豊騎手★  
競馬(中央競馬、地方競馬、海外競馬)情報
競馬ニュース

競馬ブログランキング
スポンサードリンク




2013年01月31日

ストローハット抹消 腸骨複骨折で安楽死


★★★



にほんブログ村 トラコミュ 競馬(中央競馬、地方競馬、海外競馬)情報へ
競馬(中央競馬、地方競馬、海外競馬)情報



昨年のユニコーンSを制したストローハット(牡4、堀)が1月27日付で競走馬登録を抹消した
同日の根岸Sで右寛ハ行を発症し、競走を中止したが、その後の診断で右腸骨複骨折を発症していることが判明
安楽死処置となった
JRA通算10戦3勝(地方1戦0勝)
総収得賞金は6128万1000円



とても残念です…


ストローハット 安楽死 競馬ブログランキング


★★★



 にほんブログ村 競馬ブログへ
他の競馬情報を見る方はこちら
posted by まこつん at 17:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 引退 死亡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アンカツ引退会見「幸せな騎手生活だった」 2月3日京都で引退式


★★★



にほんブログ村 トラコミュ 騎手へ
騎手


名手がターフを去る
安藤勝己騎手(52)=栗東・フリー=の引退会見が30日、栗東トレセンで行われた
03年に地方競馬の笠松からJRAに移籍
“アンカツ”の愛称で親しまれ、数多くの名馬とコンビでターフをにぎわした
今後については未定だが、2月3日の京都競馬の最終レース終了後に引退式を行う

競馬界のパイオニアがステッキを置く
会見場で無数のフラッシュを浴びながら
安藤勝騎手
「引退することを決めました」

と神妙な表情で話した
有効期限となる2月28日を待たず、31日に騎手免許を返上する

引退を考え出したのは昨年の春
安藤勝騎手
「年のせいか体の硬さも感じるようになってきた。徐々に潮時かな、と。自分のパフォーマンスができる自信もなくなったので」

今月15〜17日までに栗東で行われた免許更新の手続きを行わなかった
安藤勝騎手
「期待してくださる関係者、ファンのためにも引退した方がベストだと思った」

悩んだ末の決断だった

76年に地方競馬の笠松でデビュー
オグリキャップの鞍上として知られ、95年にはライデンリーダーで4歳牝馬特別を制した
中央移籍後は04年ダービー馬キングカメハメハダイワメジャーダイワスカーレットなど多くの名馬とコンビを組んだ
JRA・GIは22勝、通算勝利は1111勝を数えた

安藤勝騎手
ビリーヴの高松宮記念は印象深い。キングカメハメハは強くて安心して乗れた。あと素晴らしいスピードのダイワスカーレット。名馬に乗せてもらって幸せな騎手生活だった」

と振り返った

調教師、調教助手になる予定はないが、今後も競馬とは向き合う
安藤勝騎手
「競馬ファンに競馬の良さを伝えられる仕事ができれば」

と評論などを選択肢に入れている様子だ
安藤勝騎手
「やり残したことはない。GIをこれだけ勝たせてもらって、周りの人にも恵まれたと感じる。満足しています」

52歳のベテランが惜しまれつつ、37年の騎手人生に幕を閉じた


引用元:デイリースポーツ


安藤勝己騎手 引退 競馬ブログランキング


★★★



 にほんブログ村 競馬ブログへ
他の競馬情報を見る方はこちら
posted by まこつん at 14:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 引退 死亡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カレンブラックヒル フェブラリーS参戦


★★★



にほんブログ村 トラコミュ 有力馬次走へ
有力馬次走



無敗で昨年のNHKマイルCを制したカレンブラックヒル(牡4歳、栗東・平田)が、フェブラリーS(2月17日・東京)に参戦することが正式に決まった
29日に平田師が表明した
ダートは初挑戦となる
昨秋の天皇賞(5着)で初黒星を喫した後は休養に入っていたが、既に栗東へ帰厩して坂路を中心に乗り込みを開始している
平田調教師
「調整は順調。やってみないと分からないが、東京ダートのマイルは最初が芝だし、ある程度の競馬はできると思う。うまくスタートが切れれば」

とトレーナーは展望した


カレンブラックヒル 競馬ブログランキング


★★★



 にほんブログ村 競馬ブログへ
他の競馬情報を見る方はこちら
posted by まこつん at 05:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 競馬情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4歳馬ハタノヴァンクール 早めに抜け出しGI2勝目/川崎記念


★★★



にほんブログ村 トラコミュ 第60回 川崎記念(JpnI)へ
第60回 川崎記念(JpnI)



川崎競馬場で今年最初の交流GI・第62回川崎記念(4歳上・ダ2100m・GI・1着賞金6000万円)が行われ、道中は先頭から差のない3番手を追走していた四位洋文騎手騎乗の2番人気ハタノヴァンクール(牡4、栗東・昆貢厩舎)が、2周目4コーナーで先頭の3番人気グラッツィア(牡5、栗東・角居勝彦厩舎)に並び掛ける形
直線向いては、残り100mで完全に先頭に躍り出ると、道中2番手追走から4コーナーで一旦待ってゴール前で外から猛然と追い込んだ1番人気ワンダーアキュート(牡7、栗東・佐藤正雄厩舎)の追撃を最後まで受け止め、1.1/2馬身差をつけ優勝した
勝ちタイムは2分15秒4(稍重)

さらに1.1/2馬身差の3着に、レース途中から先頭に立った3番人気グラッツィア(牡5、栗東・角居勝彦厩舎)が入った

勝ったハタノヴァンクールは、父キングカメハメハ、母ハタノプリエ、その父ブライアンズタイムという血統

デビューからここまで10戦し、そのうちダートで2012年ジャパンダートダービーなど5勝を挙げ、前走大井での東京大賞典でも勝ち馬ローマンレジェンドにゴール前で肉薄しての2着
初めての左回り・川崎コースとなったここも、早め先頭の横綱相撲でその強さを如何なく発揮し、手綱が戻った主戦の四位洋文騎手と共に、嬉しい2度目の交流GI・V
通算6勝目となった


レース後の関係者のコメント

1着 ハタノヴァンクール(四位洋文騎手)
「ホッとしました。ストライドが大きい馬なので小回りがどうか、初めての左回りがどうかが少し心配でしたが、馬が頑張って克服してくれました。内枠だったので、あまり内で閉じ込められるのは嫌だったのですが、うまくスッと外に出せました。小回りのコーナーではスピードが落ちるので、3コーナーで勢いをつけて行こうとは決めていましたが、ワンダーアキュートにプレッシャーをかけるような形でうまく行けました。今年はこの馬にとって飛躍の年と思っていますし、頑張って欲しいです」

昆貢調教師
「嬉しいですね。何とかゴールまで持ってくれ、という思いで一生懸命応援しました。東京大賞典のあとも順調に調教メニューをこなして来ることができました。あまり早く先頭に立った経験がないので、馬がちょっと戸惑っていたようですが、よくしのいでくれました。今年は上半期の最大目標は帝王賞に置いて、ローテーションを考えたいと思います」

2着 ワンダーアキュート(和田竜二騎手)
「良いリズムで運べました。ただ、3〜4コーナーでの反応がJBCクラシックを勝った時と比べて良くなくて、そこで勝った馬に捲られてしまいました。最後は詰め寄ってくれていますが、リズム良く行けていただけに、反応の部分が足りない感じでした」

3着 グラッツィア(岩田康誠騎手)
「2コーナーで内田さんの馬(タカオノボル)が物見をして、自分の馬がハナに立つ形になった時には押し切れるかと思いましたが、前半で力んだ分最後は一杯になりましたね。上位2頭は強かったですが、最高の競馬ができたと思います」



川崎記念 結果 競馬ブログランキング


★★★



 にほんブログ村 競馬ブログへ
他の競馬情報を見る方はこちら
posted by まこつん at 01:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月30日

アンカツ引退「納得いく騎乗できない」


★★★



にほんブログ村 トラコミュ 騎手へ
騎手



現役の地方競馬所属騎手として初めて中央競馬(JRA)へ移籍し、中央G1通算22勝を挙げた安藤勝己騎手(52)が2月末で現役引退することが30日、分かった

安藤騎手は引退理由について、年齢とともに減量がきつくなり
安藤騎手
「思うように馬が動かなくなった。納得いく騎乗ができなくなった。これ以上関係者に迷惑を掛けるわけにはいかない」

と話した

長年ライバルとして競い合った武豊(43)は以下のコメントを寄せた
武豊騎手
「本人からは何も聞いてないけど…。僕自身も安藤勝さんのファンでしたし、一緒に乗れなくなるのは寂しいですね。最近は体重のこととか厳しそうでしたから…。物事に動じない人で存在、生き方がすごい。安藤勝さんを見たら自分がいかに小さい人間かと思うくらいです。プライベートでは一緒によく飲みますし、お酒の席では楽しい人です」

同じく地方から中央に移籍した内田博(42)は以下のコメントを寄せた
内田博騎手
「とにかくすごい人だった。自分が大井にいたころは地方から中央へ移籍するなんて夢物語。絶対にありえないことだったが、その道を切り開いてしまったんだから。今では元地方所属の騎手が何人も中央にいるけど、誰しもが『安藤さんがいたから今の自分がある』と思ってるんじゃないかな。52歳まで現役を続けたこともすごい。周りから信頼されて、それに応える体がなければできないからね。僕らも安藤さんを見習って、これからも頑張っていきます」

「アンカツ」の愛称で親しまれた安藤騎手は、2003年に中央競馬に移籍し、同年3月の高松宮記念でG1初勝利をマーク
その後も07年にはG1で6勝するなど活躍した




最近はホント騎乗機会も減ってましたからね…
お疲れ様です



安藤勝己騎手 引退 競馬ブログランキング


★★★



 にほんブログ村 競馬ブログへ
他の競馬情報を見る方はこちら
posted by まこつん at 14:05 | Comment(0) | TrackBack(1) | 引退 死亡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

根岸S勝利のメイショウマシュウ右前脚骨折


★★★



にほんブログ村 トラコミュ 競馬(中央競馬、地方競馬、海外競馬)情報へ
競馬(中央競馬、地方競馬、海外競馬)情報



27日の根岸Sで重賞初制覇を果たしたメイショウマシュウ(牡5、沖)が、レース後に右前脚のひざを骨折していたことが分かった
沖調教師
「手術をするかどうかは、これからの様子を見てからの判断になると思う。ひざの骨折だし、いずれにせよ半年以上はかかると思う」

と無念の表情
復帰は早くても秋以降になりそうだ

メイショウマシュウ 骨折 競馬ブログランキング


★★★



 にほんブログ村 競馬ブログへ
他の競馬情報を見る方はこちら
posted by まこつん at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴールドシップ 今後の出走情報


★★★



にほんブログ村 トラコミュ 有力馬次走へ
有力馬次走



最優秀3歳牡馬ゴールドシップ(牡4)の須貝師は今春のローテを
須貝調教師
「阪神大賞典、天皇賞、宝塚記念、その3戦は確定です」

と話した

宝塚記念ではジェンティルドンナオルフェーヴルの2頭と対戦する可能性もあるが、
須貝調教師
「それで競馬が盛り上がればうれしい。勝ち負けじゃない。感動を与えられればいいですし、その3頭で戦えるのは名誉なこと」

と語った

ゴールドシップ 今後のローテ 競馬ブログランキング


★★★



 にほんブログ村 競馬ブログへ
他の競馬情報を見る方はこちら
posted by まこつん at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

藤岡康太調教復帰「もう目は大丈夫なんで、あとは体力ですね 」


★★★



にほんブログ村 トラコミュ 騎手へ
騎手



昨年8月25日の小倉競馬8Rで落馬して以降、休養していた藤岡康太(24=・栗東・宮)が29日、栗東トレセンでの調教に復帰した
骨折が完治してからも、目の異常があって復帰に時間が掛かったが、
藤岡康騎手
「もう目は大丈夫なんで、あとは体力ですね。こんなに長期間休んだのは初めてだったし、また馬に乗れることに感謝しています」


藤岡康太騎手 復帰 競馬ブログランキング


★★★



 にほんブログ村 競馬ブログへ
他の競馬情報を見る方はこちら
posted by まこつん at 02:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月29日

年度代表馬ジェンティルドンナはドバイに全力


★★★



にほんブログ村 トラコミュ 競馬(中央競馬、地方競馬、海外競馬)情報へ
競馬(中央競馬、地方競馬、海外競馬)情報



年度代表馬に輝いたジェンティルドンナは31日に放牧先の滋賀県ノーザンファームしがらきから栗東へ帰厩し、今年の初戦となるドバイ・シーマクラシック(3月30日・UAEメイダン)に向けて調整される

25日に愛馬と対面した石坂調教師
「馬体重は492キロあった。すごくリフレッシュして帰ってくることができそう」

と目を細める
ジャパンC優勝時には凱旋門賞挑戦が持ち上がったが、師は右手の人差し指を口に添えてプランを封印
石坂調教師
「選択肢として十分にあるが、まずはドバイに全力投球。そのあとは体調と相談して、ジェンティルジェンティルの道を行く」

と慎重にレースを選んでいく構えだ

引用元:デイリースポーツ


ジェンティルドンナ ドバイ遠征 競馬ブログランキング


★★★



 にほんブログ村 競馬ブログへ
他の競馬情報を見る方はこちら
posted by まこつん at 17:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
予想家さんたちの記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。