リンク先最新記事
最新更新情報一覧
スポンサードリンク




2012年09月26日

「競馬を知ろう第4回 脚質編」


★★★

脚質とはなにか

脚質に影響を及ぼす気性と脚力
脚質は必ずしも定まった特質ではないですが気性(精神力)と脚力(走る能力)の兼ね合いのよることが多いです


脚力
どれだけ速く走れるかどうかというスピード発走直後の瞬発力(ダッシュ力)、最後の瞬発力(末脚、決め手)、持久力(スタミナ)などで構成されます
それぞれの能力が総合的競走能力に与える影響は大きいです
気性とともに脚質、距離適正、コース適性(坂の有無、右回り、左回り、小回り)などにかかわってきます


気性
持って生まれた性格
遺伝によるところが大きく、血統的な傾向がみられます
他馬より前に出たがる闘争心、最後まで踏ん張れる粘り強さ、騎手の指示の素直に従う折り合い、リラックスして走れる押さえ、馬込みを怖がらない図太さなどの要素があります
脚質や距離適正に影響を及ぼします



強い逃げ馬を見抜く

強い逃げ馬
スタートダッシュのよさを生かして先頭に立ち、常に馬群の先頭でレースをリードすします
おおむね闘争心が強く、他馬に並びかけられると、さらに闘争心を燃やして抜かせまいとします
最初から最後まで自分でレースを作れるタイプで、よほどのハイペースにならない限り、大崩れすることは少ない
また、逃げ馬はスローペースになればなるほど有利になります

危険な逃げ馬

気が弱くて馬込みを怖がる馬は常に怯えて走っているため、ペースの融通が利かず、一本調子の逃げ馬になることもしばいばあります
後続馬に追いつかれると、一気に走る気をなくしてしまうことも多いです
また、気性が荒く、抑えがきかない逃げ馬は騎手の意図よりもハイペースで走ってしまい、ゴールまで保たないことが多いです
ただし、他のメンバーの逃げ馬がおらず、展開の利が見込めるときや、軽ハンデに恵まれた場合の穴場候補として妙味があります


人気薄の逃げ場は怖い
【ケース1】
2009年のエリザベス女王杯は逃げたクィーンスプマンテテイエムプリキュアが1番人気ブエナビスタの追い込みをしのぎきって1,2着となりました
2頭は前走の京都大賞典で競り合って共倒れしたため、11,12番人気の人気薄でした
馬単で25万円超の配当がつく大荒れになりました

【ケース2】
2004年の春の天皇賞は、単勝71倍、10番人気のイングランディーレが76年のエリモジョージ以来、27年ぶりの逃げ切りを7馬身差で決めました
確固たる逃げ馬不在のメンバーで、前2走が交流ダート重賞だった同馬は人気の盲点となっていました


強い先行馬を見抜く

強い先行馬
逃げ馬の直後の2,3番手でレースを進めるのが先行馬です
騎手が判断した勝負どころでスッと動ける反応の良さと、後続馬を振り切る二の脚を兼備した先行馬ほど信頼度が高いです
騎手とよく折り合い、ペースの緩急に対応出来るタイプは、逃げ馬と後続馬の両方の脚色を見ながらスパートできるので、単調な逃げ馬よりもはるかに安定感があります
逃げ馬同様、スローペースならなお有利です

危険な先行馬
極端なスローペースにならない限り、馬込みで揉まれる心配は少ないですが、前に馬を置いて走るため、逃げ馬よりも融通が効く気性でないといけません
イレ込んだ素振りを見せるタイプは展開次第で折り合いを欠き、ゴール前で失速する恐れがあります


強い差し馬を見抜く

強い差し馬
道中では馬群全体の中団から後ろに位置取り、4コーナーあたりから好位に上がり、ゴール手前で前にいる馬を交わすことをめざす脚質です
どんなペースでも折り合いがつく素直な気性であることが重要です
ゴール手前の瞬発力追い出した時の反応の良さが能力を左右します

危険な差し馬
差し脚質の場合、スタート直後のダッシュ力はさほど必要ではありません
ですが、馬込みにも動じない気持ちの強さは欠かせません
馬群に揉まれてやる気を失うようでは、直線を向いた時点で余力は残っておらず、見せ場のないままゴールとなります
また、追い出した時の反応が鈍いと差して届かず、足を余して負けてしまいます


強い追い込み馬を見抜く

強い追い込み馬
レースの前半は馬群の後方を追走する後方待機策をとります
最後の直線で末脚を爆発させるタイプで、馬群を割って伸びる気持ちの強さを持っていれば鬼に金棒です
ただし、展開に左右されることが多く、よほどの能力の持ち主でないと成績は安定しません
差し馬同様、脚を余して負けることも少なくありません
後方一気は決まれば豪快でファンも多いですが、取りこぼしが多いのも事実です

危険な追い込み馬
追い込み一手の馬は逃げ馬同様、馬込みを嫌うなど気性的に問題があったり、スタート直後のダッシュ力に欠ける馬であることが多いです
馬込みを苦にする場合は馬群の外側を走らざるを得ず、直線も大外から追い込むことになります
他馬との接触や進路をふさがれるなどの不利は避けられますが、そのぶん距離ロスは大きく、スタミナを消耗します
逃げ・先行馬が揃い、かなりのハイペースが見込める際の穴馬候補としては一考の余地ありです


自在馬の特徴を知る

自在馬
気性難がなく、レースの流れに応じて騎手の指示通りの位置取りでレースができる馬です
どんな展開にも臨機応変に対応できるのが強みです



★★★



 にほんブログ村 競馬ブログへ
他の競馬情報を見る方はこちら
posted by まこつん at 16:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬を知ろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
予想家さんたちの記事