リンク先最新記事
最新更新情報一覧
スポンサードリンク




2013年01月12日

第29回 フェアリーステークス(GIII) 結果


★★★


http://race.sanspo.com/keiba/news/20121124/pog12112412260003-p2.html

にほんブログ村 トラコミュ 第29回 フェアリーステークス(GIII)へ
第29回 フェアリーステークス(GIII)


中山競馬場で桜花賞戦線を占う3歳牝馬重賞・フェアリーS(3歳・牝・GIII・芝1600m)が行われ、好スタートを決めて道中ゆったりとした逃げに持ち込んだ三浦皇成騎手騎乗の10番人気クラウンロゼ(牝3、美浦・天間昭一厩舎)が楽な感じで4コーナーから直線へ
坂下で2番手追走から抜け出しを図った、2番人気サンブルエミューズ(牝3、美浦・加藤征弘厩舎)とは一旦先頭が完全に入れ替わったかに見えたが、ゴール前でまたクラウンロゼが盛り返しを見せて僅かに差し切り、この競り合いの間に道中3番手追走から、ゴール前で猛然と2頭に襲い掛かってアタマ差の2着と迫った5番人気ウキヨノカゼ(牝3、美浦・菊沢隆徳厩舎)の追撃を抑え込んで優勝した
勝ちタイムは1分34秒7(良)

さらにハナ差の3着がサンブルエミューズ(牝3、美浦・加藤征弘厩舎)、中団待機策からゴール前で追い込んだ1番人気イリュミナンス(牝3、栗東・松永幹夫厩舎)はさらにクビ差の4着まで
5着は6番人気スイートサルサ(牝3、美浦・菊川正達厩舎)の順で確定

なお、2戦2勝の4番人気スズノネイロ(牝3、美浦・高橋裕厩舎)は、末脚不発で8着(3番人気ウインプリメーラと同着)に敗れている

勝ったクラウンロゼは、父ロサード、母ヒシアスカ、その父ヒシアケボノという血統
前走11月24日の新馬戦(東京・芝1600m)を10番人気ながら、2番手追走から抜け出して完勝
重賞挑戦のここも単勝83.3倍の10番人気と低評価を覆す走りと、一旦完全に劣勢となりながら盛り返す勝負根性を披露してデビュー2連勝
嬉しい重賞ウィナーの仲間入りとなった



1 Gクラウンロゼ 牝3 54.0 三浦皇成 1:34.7  
2 J△ウキヨノカゼ 牝3 54.0 横山典弘 1:34.7 アタマ
3 M▲サンブルエミューズ 牝3 54.0 岩田康誠 1:34.7 ハナ
4 F◯イリュミナンス 牝3 54.0 C.ルメール 1:34.7 クビ
5 O☆スイートサルサ 牝3 54.0 田辺裕信 1:34.8 1/2
6 Dタプローム 牝3 54.0 D.マクドノー 1:35.2 2 1/2
7 Iリメンバーメジロ 牝3 54.0 津村明秀 1:35.3 1/2
8 B◎ウインプリメーラ 牝3 54.0 内田博幸 1:35.4 1/2
8 N×スズノネイロ 牝3 54.0 勝浦正樹 1:35.4 同着
10Cエクスパーシヴ 牝3 54.0 川島信二 1:35.5 1/2
11Kブリリアントアスク 牝3 54.0 田中勝春 1:35.6 1/2
12Lスマートルピナス 牝3 54.0 武士沢友治 1:35.6 アタマ
13Hアガサ 牝3 54.0 村田一誠 1:35.8 1 1/4
14Aモンシュシュ 牝3 54.0 松田大作 1:36.0 1 1/4
15@モンサンスピカ 牝3 54.0 丸山元気 1:36.3 1 3/4
16E△カスティエル 牝3 54.0 吉田豊 1:36.8 3


レース後のコメント

1着 クラウンロゼ(三浦騎手)
「根性がある馬で、差し返してくれました。ハナに行くことは想定外でしたが、センスがいい馬で、楽にハナに立てました。道中はリズム良く、2番手の馬からプレッシャーを掛けられることなくレースが出来ました。直線では一旦交わされても一生懸命だったので、闘志を損ねないように必死に追っていました。ゴール前はダメかなと思いましたが、引き上げた後、勝ったことが分かったので馬に感謝したいと思います。難しい馬ですが、スタッフが一生懸命仕上げてくれたので、これからも期待に応えたいです」

天間昭一調教師
「(差し返したことについては)すごくビックリしました。馬は根性があって、頑張り屋さんなところがあります。新馬戦を勝った時はまだ半信半疑でしたが、重賞でも走れる力はあると思っていました。(難しい馬という点については)今日はすごく落ち着いていたので、それがいい方向に行っていました。日頃は大人しく、何かあるとアッと反応するようなタイプの馬です。調教を積むたびに良くなっていました。新馬を勝ったばかりなので、相手関係は分からないですし、勝ちに行って力を見ようと思っていました。最終的に桜花賞を目指しますが、その間のローテーションはこれから考えます」

2着 ウキヨノカゼ(菊沢隆徳調教師)
「よく頑張ってくれました。思ったよりもセンス良く、好位につけて、予想以上に中山のコースをこなしてくれました。距離は延びても大丈夫だと思っていますし、この春が楽しみです」

3着 サンブルエミューズ(岩田騎手)
「どこからでもレースを出来る馬。気持ち早めに追い出しましたが、持っている一瞬の脚をどこで使うかですね」

4着 イリュミナンス(ルメール騎手)
「道中、他の馬を気にするように、集中出来ない面があります。最後、伸びてはいますが、エンジンが掛かるまでに時間の掛かるタイプ。もう少し距離があった方がいいと思います」

5着 スイートサルサ(田辺騎手)
「東京でモタれていたので右回りでどうかと思っていましたが、右回りの今日もモタれていました。走る馬ですから、その点が変われば、と思います」

6着 タプローム(マクドノー騎手)
「ゲートを出て、前につけられたことは良かったですが、集中力を欠くところがあります。いい脚を使いますが、もう少し距離があった方が、と思います」

7着 リメンバーメジロ(津村騎手)
「遅いペースでしたが、折り合いがつきました。1600mまでなら大丈夫、自己条件で、と思います」

8着同着 スズノネイロ(勝浦騎手)
「ゲートを出なかったこともありますが、こんな馬ではないのですが…。道中ペースが遅くても決め手勝負で十分と思っていましたが、伸びもいつもの感じではありませんでした」 



6100円→0円


僕の本命は最初の先行争いで終わりました(笑)
次も狙ってみたいです
クラウンロゼは僕のデータ的に良かったんですが、鞍上だけで無印にしてしまいました(いいわけです(笑))
でも、これが競馬ですね


フェアリーステークス 結果 競馬ブログランキング


★★★



 にほんブログ村 競馬ブログへ
他の競馬情報を見る方はこちら
posted by まこつん at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/312958261
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
予想家さんたちの記事