リンク先最新記事
最新更新情報一覧
スポンサードリンク




2013年04月15日

第73回 皐月賞(GI) 結果(的中)


★★★



にほんブログ村 トラコミュ 第73回 皐月賞(GI)へ
第73回 皐月賞(GI)



中山競馬場で2013年牡馬クラシック競走の第一弾・皐月賞(3歳・GI・芝2000m)が行われ、道中は中団のインコースを追走していたM.デムーロ騎手騎乗の1番人気ロゴタイプ(牡3、美浦・田中剛厩舎)が、3〜4コーナーで外に持ち出されて先団へと急接近
直線に向いては、そのまま外目から勢いよく脚を伸ばして先行集団をまとめて捕らえて差し切り、4コーナーから直線入り口で強気に先頭へと並びかけた2番人気エピファネイア(牡3、栗東・角居勝彦厩舎)以下に、1/2馬身差をつけ優勝した
勝ちタイム1分58秒0(良)は、2002年の優勝馬ノーリーズンの記録を0.5秒上回るレコードタイム

さらに1.1/4馬身差の3着に、中団追走から直線に向いて脚を伸ばしてきた3番人気コディーノ(牡3、美浦・藤沢和雄厩舎)が入った
その後の4着は、4番人気カミノタサハラ(牡3、美浦・国枝栄厩舎)、5着は8番人気タマモベストプレイ(牡3、栗東・南井克巳厩舎)の順で確定

勝ったロゴタイプは、父ローエングリン、母ステレオタイプ、その父サンデーサイレンスという血統
昨年の朝日杯FSでは、7番人気と当時はまだ伏兵扱いに過ぎなかったが、鞍上のミルコ・デムーロを背に見事なGI勝利を飾ると、年明け初戦のスプリングSでは横綱相撲での完勝
迎えた本番は、これまで魅せてきたパフォーマンス通りか、或いはそれ以上にも映る力強い走りと超速レコードで群雄割拠のライバルホースたちを叩きのめしてみせ、2013年の牡馬クラシック1冠目のタイトルを奪取した


1 F×ロゴタイプ 牡3 57.0 M.デムーロ 1:58.0 レコード
2 M◎エピファネイア 牡3 57.0 福永祐一 1:58.1 1/2
3 K☆コディーノ 牡3 57.0 横山典弘 1:58.3 1 1/4
4 N▲カミノタサハラ 牡3 57.0 蛯名正義 1:58.5 1 1/4
5 Dタマモベストプレイ 牡3 57.0 和田竜二 1:58.5 クビ
6 Qテイエムイナズマ 牡3 57.0 武豊 1:58.7 1
7 Iマズルファイヤー 牡3 57.0 A.シュタルケ 1:58.9 1
8 Pクラウンレガーロ 牡3 57.0 三浦皇成 1:58.9 ハナ
9 @メイケイペガスター 牡3 57.0 藤岡佑介 1:58.9 クビ
10Aインパラトール 牡3 57.0 C.デムーロ 1:59.0 3/4
11Cナリタパイレーツ 牡3 57.0 小牧太 1:59.2 1
12O◯フェイムゲーム 牡3 57.0 北村宏司 1:59.3 1/2
13Gコパノリチャード 牡3 57.0 内田博幸 1:59.5 1 1/4
14Hサトノネプチューン 牡3 57.0 戸崎圭太 1:59.7 1 1/2
15Lラブリーデイ 牡3 57.0 浜中俊 1:59.9 1 1/4
16E△ミヤジタイガ 牡3 57.0 田中勝春 1:59.9 クビ
17Jクリノヒマラヤオー 牡3 57.0 村田一誠 2:01.8 大差
18B△レッドルーラー 牡3 57.0 川田将雅 2:06.6 大差


レース後のコメント

1着 ロゴタイプ(M・デムーロ騎手)
「勝てて嬉しいです。馬が素晴らしいです。どうすればいいか馬が知っているので、折り合いも問題ありません。位置取りもペースも馬場も関係ありません。3、4コーナーで馬が密集して、そこでどこをつくかだけ少し考えました。ダービーは弟が乗るので勝ってくれると思います」

2着 エピファネイア(福永騎手)
「スタンド前まではいい感じでしたが、他馬に寄せて行ったらハミを噛んでしまいました。2コーナー過ぎに落ち着いてくれましたが、その分の差が勝ち馬との差として出てしまいました。今日は少し気難しい面を出されてしまいました。すみません」

3着 コディーノ(横山典騎手)
「今日は風も強くて、悪い条件が重なってしまってテンションが高かった。スタートして外からぶつけられてハミを噛んでしまいました。それでも3着だし、よく頑張っていると思います。精神的な部分は慣れてもらうしかないと思いますが、2000mも2400mも問題ないと思います」

5着 タマモベストプレイ(和田騎手)
「流れが速く、テンには行けませんでしたが、いいリズムで行けました。終いも頑張っていて、止まっている訳ではないですし、差は詰めています。距離は2400mくらい長くてもいいです。まだ馬も緩く、完成されていないので、うまく成長させたら今後面白いです」

6着 テイエムイナズマ(武豊騎手)
「折り合いがついて、いい展開でした。一か八かで内側に入れて、バテた馬を捌くのが大変でした。でもよく来ました。能力のある馬ですね」

8着 クラウンレガーロ(三浦騎手)
「欲を言えば、前に壁を作りたかったです。段々と前が速くなったので、それを捕まえに行った分、甘くなりました。ただ、よくバテずに頑張ってくれました」

12着 フェイムゲーム(北村宏騎手)
「返し馬ですごくいい雰囲気でした。ゲートでも落ち着いて駐立していました。競馬はうまく行ったのですが、前が速いので、油断しないように急かして行ったのですが、ついて行けなくて最後まで頑張りきれませんでした。速いスピードに対応するのが大変でした」

13着 コパノリチャード(内田博騎手)
「ハイペースのレース展開でしたが、馬は力んでいませんでした。敗因は分からないですね。馬は一生懸命走っているのですが...」

14着 サトノネプチューン(戸崎騎手)
「道中はハミを噛んでいました。力を出し切れていません」

15着 ラブリーデイ(浜中騎手)
「相手が強かったですが、よく走ってくれました」

17着 クリノヒマラヤオー(村田騎手)
「ビックリするくらい馬がすごく良くなっていました。前回の時も良くなっていたのですが、また良くなっていました。頑張ったと思います」


三連単 ×−◎−☆ 1,210円 的中

7300円→1210円

皐月賞 結果 競馬ブログランキング


★★★





 にほんブログ村 競馬ブログへ
他の競馬情報を見る方はこちら
posted by まこつん at 14:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/355511894
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
予想家さんたちの記事