リンク先最新記事
最新更新情報一覧
スポンサードリンク




2013年04月25日

名牝エアグルーヴ 急死


★★★



にほんブログ村 トラコミュ 牝馬のお話。へ
牝馬のお話



1997年の秋の天皇賞に優勝するなどGIレースを2勝し、現役引退後はノーザンファームで繁殖牝馬として供用されていたエアグルーヴ(牝・20歳)が、23日(火)午後11時にノーザンファーム早来牧場(北海道勇払郡安平町)で病気(出産後の内出血)のため息を引き取ったとの連絡がJRAにあった

同馬は、中・長距離の大レースで牝馬が牡馬を打ち負かすという概念が殆どなかった時代背景の中にあって、牡馬を相手に常に互角以上の戦いを続けて大活躍し、GI2勝(オークス、天皇賞・秋)のほかにも1997年JCでは日本馬最先着となる2着、同年の有馬記念では牝馬最先着となる3着となり、同年の年度代表馬、最優秀4歳牝馬に選出された
これ以外にも、1997年、98年の札幌記念(GII)連覇、98年大阪杯制覇など「平成の女帝」の愛称でファンを魅了した

また、エアグルーヴの母であるダイナカールは1983年オークスを制しており、社台ファームにとって初めてのクラシック制覇を飾った名牝で、母子2代によるオークス制覇も達成した

名門となった社台ファームが、懸命な努力で繁栄させてきた極めて優秀な牝系は、エアグルーヴが引退後に繁殖入り後、その仔たちにも脈々と、そして確実に受け継がれており、繁殖牝馬としてもGI・2勝馬アドマイヤグルーヴ、昨年の香港クイーンエリザベス2世Cを制したルーラーシップ(2013年から種牡馬入り)など、これまでに産駒が合計で重賞を13勝
昨今は、その競走成績もさることながら、繁殖入りしてからも優秀な成績を挙げ続ける極めて稀な名馬としても、その評価がより一層高まっていた


ノーザンファーム吉田勝己氏
「この2年間は産駒に恵まれなかったのですが、昨晩8時にキングカメハメハの素晴らしい牡駒を出産いたしました。そして母子ともに元気な姿を確認して間もなくの訃報に声も出ませんでした。現役時の活躍をはじめ繁殖牝馬として、まさに当牧場で一番の実績をあげた名馬で、まさにノーザンファームの歴史の中心にいた馬でした。改めましてこれまでファンの皆さまからいただきました数々のご声援に、牧場を代表し心から感謝を申し上げます。本当にありがとうございました。」

(JRA発表による)


エアグルーヴはオークス、天皇賞と2つのGIを勝ったほか、ジャパンカップで2度2着となるなどGIの最前線で活躍を続け、競走生活を引退後も母としてアドマイヤグルーヴルーラーシップのGI勝馬など多くの活躍馬を送り出していた

【プロフィール】
エアグルーヴ(牝)
厩舎:栗東・伊藤雄二
騎手:武豊
父:トニービン
母:ダイナカール
母父:ノーザンテースト
馬主:ラッキーフィールド
生産者:社台ファーム
通算成績:19戦9勝(重賞7勝)
主な勝ち鞍:1997年天皇賞・秋(GI)、1996年オークス(GI)



エアグルーヴ 急死 競馬ブログランキング


★★★






 にほんブログ村 競馬ブログへ
他の競馬情報を見る方はこちら
posted by まこつん at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 引退 死亡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
予想家さんたちの記事