リンク先最新記事
最新更新情報一覧
スポンサードリンク




2013年05月05日

第18回 NHKマイルカップ(GI) 予想


★★★



にほんブログ村 トラコミュ 第18回 NHKマイルカップ(GI)へ
第18回 NHKマイルカップ(GI)



2010年のダノンシャンティ、2011年のグランプリボス、そして2012年のカレンブラックヒルと、ここ3年のNHKマイルCはいずれも単勝1番人気馬が制している
しかし、2007年には単勝17番人気のピンクカメオが、2009年には単勝10番人気のジョーカプチーノが優勝を果たすなど、大波乱決着となった年も少なくない
また、2004年の優勝馬キングカメハメハ、2008年の優勝馬ディープスカイは、それぞれ次走で日本ダービーを制覇
今後の芝短距離GI 戦線はもちろん、“世代最強”の称号を懸けた争いに向けても重要な意味を持つ一戦と言えるだろう





臨戦過程に注目!

過去10年の連対馬20頭は、いずれも前走で「JRAの重賞」に出走していた
前走がオープン特別や500万下のレースだった馬は割り引きが必要だろう

なお、前走が「JRAの重賞」だった馬のうち、そのレースで「3着以内」に入っていた馬は3着内率30.6%と堅実だった
前走で重賞に出走し、上位争いをしていた馬は比較的信頼できるようだ





距離短縮組が優勢!

前走の距離別成績を見ると、前走で「1700m以上」のレースに出走していた馬が3着内率26.9%と比較的優秀な好走率をマークしていた
一方、前走の距離が「1500m以下」だった馬の連対例はなく、「1600m」だった馬も3着内率15.3%とそれほど振るわない
臨戦過程を比較する際は、前走の距離にも注目したい





JRAのGI で善戦した経験がある馬は堅実!

過去10年の3着以内馬30頭中14頭は、JRAのGI・JpnI で8着以内となった経験がある馬だった
一方、JRAのGI・JpnI で8着以内となった経験がない馬は連対率8.7%、3着内率12.6%と、8着以内となった経験のある馬に比べやや苦戦している
今回がGI 初挑戦となる馬や、過去に出走したGI・JpnI でいずれも9着以下に敗れていた馬は割り引きが必要だろう





外枠の伏兵に要注意!?

単勝オッズが40倍以上だった馬の枠番別成績を見ると、3着以内に好走した4頭はいずれも「5〜8枠」の馬で、「1〜4枠」の馬はすべて4着以下に敗れていた
昨年も、6枠12番のクラレントが単勝オッズ64.7倍の低評価を覆して3着に食い込んでいる
前評判が低い馬を比較する際は、外めの枠に入った馬を重視すべきかもしれない





関西馬が強い!

過去10年の3着以内馬30頭中22頭は「関西馬」だった
一方、3着以内に8頭を送り込む「関東馬」は3着内率11.1%と苦戦している

また、過去5年に限ると「関東馬」は優勝例がなく、3着内率も8.6%にとどまっていた
地元とはいえ「関東馬」は割り引きが必要だろう





前走着順の良かった重賞ウイナーが中心!

過去5年の優勝馬5頭は、いずれもJRAの重賞において優勝経験のある馬だった
この5頭は前走で3着以内に入っていた点も共通している
JRAの重賞を制した経験がない馬や、前走で4着以下に敗れていた馬が勝ち切る可能性は高くないようだ


以上から僕の予想は

競馬ブログランキングへ
クリックしますと、このブログの現在の順位が出ますので紹介文のところに馬名を書いてます。お手数をお掛けしますが、ランキングにご協力下さい(・ω<)

◯Nエーシントップ(内田)

▲Hコパノリチャード(福永)

△Iガイヤースヴェルト(C.ウィリアムズ)

△Jカシノピカチュウ(C.デムーロ)

×Fゴットフリート(戸崎)

☆Bストーミングスター(M.デムーロ)

これで確実にいただけます

NHKマイルカップ 予想 競馬ブログランキング


★★★








 にほんブログ村 競馬ブログへ
他の競馬情報を見る方はこちら
posted by まこつん at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 馬券予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
予想家さんたちの記事