リンク先最新記事
スポンサードリンク
最新更新情報一覧
スポンサードリンク




2019年04月07日

【結果】第62回 サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークスGU


★★★

阪神競馬場で行われた阪神牝馬S(4歳上・牝・GII・芝1600m)は、好位でレースを進めた川田将雅騎手騎乗の4番人気ミッキーチャーム(牝4、栗東・中内田充正厩舎)が、直線に入って先頭に立ち、2番手追走から食い下がった12番人気アマルフィコースト(牝4、栗東・牧田和弥厩舎)に1/2馬身差をつけ優勝した
勝ちタイムは1分33秒6(良)

 さらにクビ差の3着に9番人気ミエノサクシード(牝6、栗東・高橋亮厩舎)が入った
なお、2番人気カンタービレ(牝4、栗東・角居勝彦厩舎)は6着、3番人気レッドオルガ(牝5、栗東・藤原英昭厩舎)は7着、1番人気ラッキーライラック(牝4、栗東・松永幹夫厩舎)は8着に終わった

 勝ったミッキーチャームは、父ディープインパクト、母リップルスメイド、その父Dansiliという血統
今年初戦の中山牝馬Sでは14着と大敗を喫したが、初のマイル戦で巻き返し重賞初制覇を果たした
また、本馬はこの勝利で5月12日に東京競馬場で行われるヴィクトリアマイルの優先出走権を獲得した


〜レース後のコメント〜

1着 ミッキーチャーム(川田将雅騎手)
「能力の高い馬で、やっとひとつタイトルを取れて良かったです。行く馬がいたのでハナにはこだわらず、自分のリズムを大事にしました。いい雰囲気でよく我慢してくれましたし、1600mという距離にも対応してくれました。上がりが速い競馬で後続は突き離せませんでしたが、いい走りでした。東京のGIは輸送が心配ですから手放しで『次も』とは言えませんが、みんなで対策を考えたいです」

2着 アマルフィコースト(坂井瑠星騎手)
「前回は早めに抜ける形だったのでそこに気をつけました。よく粘っています。距離の選択肢が広がりましたし、賞金を加算できて良かったです」

3着 ミエノサクシード(川島信二騎手)
「いい位置を取れました。最後は後ろから差を詰められましたが、我慢してくれました。ここに来て状態が上がってきていますし、どこかで重賞を勝ちたいですね」

7着 レッドオルガ(北村友一騎手)
「もう少しいいポジションを取りたかったです。3〜4コーナーでスピードに乗っていけないというか、促しながらになってしまいました。能力があるので伸びてきてはいますが、位置取りが後ろになってしまったことと、3〜4コーナーでうまくスピードに乗せられなかったのが敗因だと思います」

8着 ラッキーライラック(石橋脩騎手)
「スタートでフワッと出て、そこで焦ってもと思っていたのですが......。うまく誘導できず、かわいそうなレースになってしまいました。うまくポジションを取れて競馬ができていれば良かったのですが......」


◎Iレッドオルガ 7着

〇Cラッキーライラック 8着

▲Eカンタービレ 6着

△Gミッキーチャーム 1着

△Hメイショウオワラ 13着

×@サラキア 10着

☆Fリバティハイツ 11着


ボロクソ(*^_^*)

★★★


スポンサードリンク



にほんブログ村 競馬ブログへ
他の競馬情報を見る方はこちら
posted by まこつん at 10:09 | Comment(0) | 競馬結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
注目記事一覧



予想家さんたちの記事