リンク先最新記事
スポンサードリンク
最新更新情報一覧
スポンサードリンク




2019年04月21日

【結果】第54回 サンケイスポーツ賞フローラステークスGU


★★★

東京競馬場で行われたフローラS(3歳・牝・GII・芝2000m)は、中団の内でレースを進めた戸崎圭太騎手騎乗の3番人気ウィクトーリア(牝3、美浦・小島茂之厩舎)が、直線で外に持ち出して脚を伸ばし、最内を突いて一旦は先頭に立った2番人気シャドウディーヴァ(牝3、美浦・斎藤誠厩舎)をゴール寸前で捕らえ、これにハナ差をつけ優勝した
勝ちタイムは1分59秒5(良)

 さらに1/2馬身差の3着に9番人気ジョディー(牝3、美浦・戸田博文厩舎)が入った
なお、1番人気セラピア(牝3、栗東・藤岡健一厩舎)は14着に終わった

 勝ったウィクトーリアは、父ヴィクトワールピサ、母ブラックエンブレム、その父ウォーエンブレムという血統
前走の500万下に続く2連勝で重賞初制覇を果たした
また、本馬及び2着のシャドウディーヴァは5月19日に行われるオークスの優先出走権を獲得した


〜レース後のコメント〜


1着 ウィクトーリア(戸崎圭太騎手)
「初めてレースで乗りましたが、調教に乗ってフットワークの良さを感じていました。今日は逃げる作戦でしたが出遅れてしまいました。でも、直線でしっかり伸びるいいパフォーマンスでした。これだけのパフォーマンスを見せましたし、良血馬ですから成長するでしょう。更なる活躍を期待したいです」

(小島茂之調教師)
「これまでのレースぶりから先に行けないとダメな馬だと思っていました。ゲートのタイミングが合わず出遅れた時にはダメだと思いました。それでも戸崎騎手が臨機応変に対応してくれましたし、馬の状態も良くなっていたのでしょう。よく差してくれました。ジョッキーはオークスの距離も『もたせるしかないでしょう』と言ってくれています。レース後ガタっと疲れの来る馬ですが、オークス出走は馬の状態次第でオーナーと相談して考えたいと思います」

2着 シャドウディーヴァ(岩田康誠騎手)
「直線は凄い手応えでした。最低限、権利を取ることができました。(オークスの)2400mは乗りやすいと思います」

3着 ジョディー(武藤雅騎手)
「うまくいきましたが、内からこじ開けられてしまいました。2000mでも自分のレースができて、今後につながると思います。状態が良くなってきて、これからも成長していけると思います」

5着 フェアリーポルカ(和田竜二騎手)
「競馬はうまくやっていますが、自分で動くしかない流れになって苦しくなりました。(内に)もぐり込みたかったのですが、どうにもなりませんでした。頑張っているだけに残念です」

7着 ウインゼノビア(松岡正海騎手)
「最もいい位置にいたのですが......。良くなっています。2000mまでは大丈夫です」

10着 エアジーン(M.デムーロ騎手)
「ヨーイドンの形になりました。折り合いが難しい馬です。うまく出せなくて後ろからになってしまいました」

11着 フォークテイル(田辺裕信騎手)
「最後は伸びていないんですよね......。距離もあったと思いますし、これだけ速いタイムの勝負も初めてですしね」

12着 イノセントミューズ(蛯名正義騎手)
「前が開くのか閉まるのか、中途半端になっていて窮屈でした」

14着 セラピア(藤岡康太騎手)
「ゲートは出てくれたのでポジションは取れました。ただ、プレッシャーが掛かってしまって力んでいました。その分、伸び切れなかったです」



◎Bエトワール 15着

〇Qフェアリーポルカ 5着

▲Iセラピカ 14着

△Kエアジーン 10着

△Dペレ 6着

×Cウィクトーリア 1着

☆Aシャドウディーヴァ 2着


我が本命は、スタートで終わってました( ;∀;)

★★★



スポンサードリンク



にほんブログ村 競馬ブログへ
他の競馬情報を見る方はこちら
posted by まこつん at 19:00 | Comment(0) | 競馬結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
注目記事一覧



予想家さんたちの記事