リンク先最新記事
スポンサードリンク
最新更新情報一覧
スポンサードリンク




2019年05月04日

【予想】第67回 京都新聞杯GU


★★★

最高峰の舞台を目指して精鋭3歳が激突
京都新聞杯は日本ダービーの前哨戦に位置付けられる一戦で、ホースマンの誰もが夢見る大舞台の出走をかけて、激戦が繰り広げられてきた
2013年の優勝馬キズナは、続く日本ダービーも優勝し、世代の頂点に立った




前走に注目
過去10年の出走馬の前走別成績をまとめると、GT組とGV組が好走率で上位となっており、オープン特別組が連対率と3着内率で前記2組に次ぐ数値を残している
また、500万下組は好走率でやや劣るものの、3着以内に15頭入っている
対して、GU組は連対がなく3着が1回あるだけ
そして新馬、未勝利、地方競馬のレースから臨んだ馬は1頭も3着以内に入っていない


重賞以外での大敗はマイナス材料
過去10年の出走馬について、過去3走以内における重賞以外のレースでの最低着順別に成績を調べると、3着以内馬30頭中26頭は過去3走以内に出走した重賞以外のレースでの最低着順が「1着」から「5着」だった
逆に、「6着以下」に敗れた経験のあった馬は48頭が出走し、3着以内に入ったのが2頭だけとなっている
近走で重賞以外のレースに出走していた場合は、その着順をチェックしておきたい


直近で勝利したレースでの4コーナーの位置取りをチェック
過去10年の出走馬について、直近で勝利したJRAのレースでの4コーナーの位置別に成績をまとめると、「3から5番手」だった馬が3着以内馬30頭中21頭を占めている
その一方で、「1、2番手」組は48頭が出走して優勝がなく、「6から9番手」組も32頭が出走して3勝を挙げているものの3着以内に入ったのは4頭だけ
「10番手以下」組も10頭が出走して3着以内に入ったのが2013年の優勝馬キズナのみとなっている
直近で勝利したJRAのレースでの位置取りは確認しておきたい


◎Fタガノディアマンテ

〇Lヒーリングマインド

▲Cブレイキングドーン

△Aヴァンケドミンゴ

△Bロジャーバローズ

×Kレッドジェニアル

☆Mモズベッロ


★★★


スポンサードリンク



にほんブログ村 競馬ブログへ
他の競馬情報を見る方はこちら
posted by まこつん at 10:00 | Comment(0) | 馬券予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
注目記事一覧



予想家さんたちの記事