リンク先最新記事
スポンサードリンク
最新更新情報一覧
スポンサードリンク




2019年05月19日

【予想】第80回 優駿牝馬GT


★★★

牝馬クラシック第2戦
東京・芝2400メートルを舞台に行われるオークスは、牝馬クラシック第一弾の桜花賞(阪神・芝1600メートル)から、距離が800メートルも延長されて行われる一戦とあり、2400メートルという距離への適性も結果を左右するポイントになりそうだ




前々走をチェック
過去10年の出走馬について、前々走別に成績をまとめると、優勝馬が複数出ているのは「チューリップ賞」組のみで、同組は3着以内馬11頭を数え3着内率が30%を超えている


前々走の着順も要チェック
過去10年の出走馬について前々走の着順別に成績を調べると、連対馬20頭はいずれも前々走で4着以内に入っていた
また、3着以内馬で見ても、30頭のうち28頭が4着以内だった
前走の着順にかかわらず、前々走で4着以内に入っていれば、オークスで上位争いに加わってくる可能性も十分に残されている、と言えそうだ


前走5番人気以内馬が優勢
過去10年の出走馬について、前走の単勝人気別成績を調べると、連対馬20頭中19頭は前走で5番人気以内に支持されており、3着以内馬で見ても30頭中27頭が5番人気以内だった
中でも「1番人気」組は3着内率で40%超の数値を記録している
前走で上位人気に支持されていた馬には、高い評価を与えるべきだろう


芝1600メートル戦で2勝以上挙げている馬が強い
過去10年の出走馬について、芝1600メートル戦での勝利数別に成績をまとめると、「3勝以上」組が連対率で41.7%、3着内率で50.0%という高い数値を叩き出しているほか、「2勝」組も3着内率が30%を超えている
それに対し、「1勝」と「0勝」の2組を合わせると3着以内馬30頭のうち16頭と半数以上を占めているものの、共に好走率の数値はいまひとつ
芝1600メートル戦で2勝以上挙げている馬は、注目の存在となるだろう


年明け初戦の成績に注目
過去10年の優勝馬11頭について、年明け初戦のレースと着順を調べると、11頭中10頭が年明け初戦で2着以内に入っていた
また、11頭中9頭はオープンクラスのレースに出走していた
年明け初戦から“高いレベルのレースで2着以内に入っていた”という馬に注目したい。


牡馬混合の芝1800m以上で2勝以上の実績あり
過去5年で複勝率56%、複勝回収率136%
2017年はワンツー


◎Gダノンファンタジー

〇Aクロノジェネシス

▲Lラヴズオンリーユー

△Oピーチサンバ

△Jシゲルピンクダイヤ

×Bコントラチェック

☆Fシャドウディーヴァ


★★★


スポンサードリンク



にほんブログ村 競馬ブログへ
他の競馬情報を見る方はこちら
posted by まこつん at 09:00 | Comment(0) | 馬券予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
注目記事一覧



予想家さんたちの記事