リンク先最新記事
スポンサードリンク
最新更新情報一覧
スポンサードリンク




2019年06月01日

【予想】第69回 安田記念GT


★★★

上半期のマイル王者決定戦
2013年から3年連続で単勝1番人気馬が優勝したものの、2016年以降の3年間は、いずれも単勝7番人気以下の馬が勝利を収めている
過去10年間で見ても、3着以内に入った単勝6番人気以下の馬は15頭を数え、人気薄の馬からも目が離せない一戦となっている




前走の単勝人気をチェック
過去10年の出走馬について、前走の単勝人気別成績を調べると、優勝馬10頭中5頭は前走で1番人気だった
好走率では「4番人気」組が「1番人気」組を上回り、「2番人気」組も連対率と3着内率で「1番人気」組を上回っている
なお、「6から9番人気」組は5頭が3着以内に入っているが、「10番人気以下」組は全て4着以下に敗れており、前走で極端な下位人気だった馬は苦戦が続いている
前走の単勝人気にも注目してみる価値はありそうだ


近年の傾向から6歳以上の馬に警戒
過去10年の年齢別成績では、「7歳以上」の馬は優勝がない
好走率では、3頭しか出走していない「3歳」組を除けば、4歳から6歳の3組に大きな差は見られない
ただし、過去5年に限れば、3着以内馬15頭のうち、4歳馬が4頭、5歳馬が2頭、6歳以上の馬が9頭となっており、昨年こそ4歳馬が1着から3着を独占したものの、近年は6歳以上の馬の好走が多くなっている


前走の負担重量にも傾向が
過去10年の出走馬について、牡・せん馬と牝馬に分けて前走の負担重量別に成績を調べると、牡・せん馬では、ハンデ戦、別定戦とレースによって違いはあるものの、前走の負担重量が重いほど好走率が高くなっており、牡・せん馬の3着以内馬延べ28頭中21頭は56.5キログラム以上だった
牡・せん馬の場合は、前走の斤量が56.5キログラム以上だった馬を重視したい
なお、牝馬は過去10年で13頭が出走しているが、いずれも前走がヴィクトリアマイル(斤量55キログラム)だった


前走の4コーナーの位置に注目
過去10年の出走馬について、前走の4コーナーの位置別に成績をまとめると、優勝馬10頭中5頭は前走の4コーナーを「10番手以下」で通過していた
好走率を見ると、連対率と3着内率で「7から9番手」と「10番手以下」の2組が上位となっている
前走で4コーナーを7番手以下で通過していた馬は、今年も注目してみたい


過去2走の単勝人気を比較すると
過去10年の優勝馬10頭について、前々走と前走の単勝人気を比較すると、過去2走で海外のレースに出走していた3頭を除くと、残る7頭は全て“前々走と前走の単勝人気が同じ”か“前々走より前走の単勝人気が上位”となっている
また、10頭中9頭は、直近で出走した国内のレースでの単勝人気が「5番人気以内」だった
これらに該当する馬がいれば、軽視禁物だろう


◎Nダノンプレミアム

〇Mアーモンドアイ

▲Lペルシアンナイト

△Oロジクライ

△Aアエロリット

×Dインディチャンプ

☆Fモズアスコット


★★★


スポンサードリンク



にほんブログ村 競馬ブログへ
他の競馬情報を見る方はこちら
posted by まこつん at 22:00 | Comment(0) | 馬券予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
注目記事一覧



予想家さんたちの記事