リンク先最新記事
スポンサードリンク
最新更新情報一覧
スポンサードリンク




2019年05月27日

【香港・チャンピオンズ&チャターC】エグザルタントがG1・3勝目 ハッピーグリンは8着に


★★★

香港のシャティン競馬場で行われたチャンピオンズ&チャターカップ(G1・芝2400m・9頭)は、4番手で進めたZ.パートン騎手騎乗のエグザルタント(セ5、香・A.クルーズ厩舎)が直線で伸びを見せて最後の100mで先頭に立ち、後続の追撃も抑え優勝した
勝ちタイムは2分26秒00(稍重)

 2着は1.1/4馬身差でライズハイ(セ5、香・C.ファウンズ厩舎)、3着は(1着馬から)1.1/2馬身差でダークドリーム(セ4、香・F.ロー厩舎)となった
ホッカイドウ競馬から参戦した服部茂史騎手騎乗のハッピーグリン(牡4、北海道・田中淳司厩舎)は後方から進めたが、直線で前に離され8着となった

 勝ったエグザルタントは父Teofilo、母Contrary、その父Mark of Esteemという血統
昨年の香港ヴァーズ、今年の香港ゴールドCに続きG1は3勝目
前走のクイーンエリザベスII世Cでは日本のウインブライトの2着だった
今年の宝塚記念に予備登録をしている

★★★


スポンサードリンク



にほんブログ村 競馬ブログへ
他の競馬情報を見る方はこちら
posted by まこつん at 09:00 | Comment(0) | 海外競馬情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月05日

【ケンタッキーダービー】カントリーハウスが繰り上がりV


★★★

アメリカ・チャーチルダウンズ競馬場で行われたケンタッキーダービー(3歳・GI・ダ2000m)は、L.サエス騎手騎乗の1番人気マキシマムセキュリティ(牡3、米・J.サーヴィス厩舎)が1位入線を果たすも、審議の結果他馬を妨害したとして17着に降着

 2位入線していたF.プラ騎手騎乗の14番人気カントリーハウス(牡3、米・W.モット厩舎)が繰り上がって優勝となった

 2着は11番人気コードオブオナー(牡3、米・C.マゴーヒーIII厩舎)、3着は4番人気タシトゥス(牡3、米・W.モット厩舎)
日本発売の3連単は1629万8210円という大波乱の結果となった

 また、日本のマスターフェンサーはスタートで遅れ最後方からの追走となったものの、直線ではよく脚を伸ばして6着に入った

 勝ったカントリーハウスは、父Lookin At Lucky、母Quake Lake、その父War Chantという血統


(角田晃一調教師)
「前走より体もふっくらして、本当にたくましい馬だなと思いました。あとは馬が無事で、次のレースに向かうことが出来ればと思っています」

(J.ルパルー騎手)
「過去のレースを観てスタートが遅いのは把握していましたし、このようなレースになるのも分かっていました。最後は非常に良い脚を使ってくれました。この馬場、競馬場も合いますし、距離が延びても良いと思います」


★★★

スポンサードリンク



にほんブログ村 競馬ブログへ
他の競馬情報を見る方はこちら
posted by まこつん at 16:20 | Comment(0) | 海外競馬情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月03日

G1・3勝のドゥーナデンが死亡


★★★

2011年のメルボルンC、香港ヴァーズ、2012年のコーフィールドCとG1・3勝を挙げ、2013年にはジャパンCに出走するため来日もしたドゥーナデンが、イングランドのオーバーベリー・スタッドで放牧中の事故により死亡したことがわかった
13歳だった

 ドゥーナデンは2006年2月26日生まれ、父Nicobar、母La Marlia、その父Kaldouneveesという血統
2008年のデビューから、世界各国の競馬場で出走し実績を積み重ねた
ジェンティルドンナが勝利したジャパンCの出走時にはM.デルザングル厩舎に所属し、J.スペンサー騎手を背に13番人気ながら0.2秒差の5着と健闘した
また、メルボルンC優勝時の鞍上はC.ルメール騎手だった
貴重とされるバイアリーターク系に属する血統で、初年度産駒は現在3歳となっている

★★★


スポンサードリンク



にほんブログ村 競馬ブログへ
他の競馬情報を見る方はこちら
posted by まこつん at 07:48 | Comment(0) | 海外競馬情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月22日

ナックビーナス、ウインブライトが香港に到着


★★★

4月28日(日)に香港シャティン競馬場で行われるクイーンエリザベスII世カップ(GI)に出走予定のウインブライト(牡5歳、美浦・畠山吉宏厩舎)とチェアマンズスプリントプライズ(GI)に出走予定のナックビーナス(牝6歳、美浦・杉浦宏昭厩舎)が以下の通り、現地に到着した


<成田国際空港発>4月20日(土) 日本時間21時50分

<香港国際空港着>4月21日(日) 現地時間1時57分(日本時間2時57分)
<シャティン競馬場着>4月21日(日) 現地時間3時35分(日本時間4時35分)

ナックビーナス永井智樹厩務員のコメント
「初めての海外輸送でしたが、いつも以上に順調な輸送でした。飼い葉もよく食べています」

ウインブライト木場迫学調教助手のコメント
「飛行機の中でも順調で、香港の厩舎に着いてからも飼い葉を食べています。今のところ大きな問題はありません。このまま順調にいってもらいたいです」

(JRA発表による)


★★★


スポンサードリンク



にほんブログ村 競馬ブログへ
他の競馬情報を見る方はこちら
posted by まこつん at 15:00 | Comment(0) | 海外競馬情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月13日

33連勝でウィンクスが有終の美! 日本のクルーガーが2着に


★★★

13日、オーストラリアのランドウィック競馬場で行われたクイーンエリザベスS(G1・芝2000m・9頭)はH.ボウマン騎手騎乗、今回がラストランとなる予定のウィンクス(牝7、豪・C.ウォーラー厩舎)が中団から進め、第4コーナーで前を射程圏に入れ、直線では外からほぼノーステッキで他馬を抜き去り、有終の美を飾った
勝ちタイムは2:02.54(稍)

 日本から参戦、先週のドンカスターマイルの4着から連闘となったT.ベリー騎手騎乗のクルーガー(牡7、栗東・高野友和厩舎)は、ウィンクスと並走する形で進め、直線では最内から伸び、1.5馬身差の2着と大健闘の結果となった
3着にはさらに2.5馬身差でハートネル(セ8、豪・J.カミングス厩舎)が入った

 ウィンクスは父Street Cry、母ベガスショーガール、その父Al Akbarという血統
この勝利により自身の持つG1世界最多勝利記録を「25」、豪州最多連勝記録を「33」に更新した
また、本レースにおいては3連覇を達成した
通算成績は43戦37勝
豪州の名牝が、2015年5月から始まった約4年間にも渡る連勝を途切れさせることなく、ターフを去る

(高野友和調教師)
「レース前は馬のテンションを上げないよう心がけたこともあり、悔いのない仕上がりでここまで来れました。レースは好スタートから良い位置で進めることが出来ました。今回遠征をサポートしてくださった皆様に感謝いたします」

(T.ベリー騎手)
「先週と比べて馬が落ち着いていて、返し馬やゲートの中でも集中力がありました。レース中でもリラックスしていて折り合いも良かったので、終いの脚をしっかりと出すことが出来ました。クルーガーの関係者の皆様に感謝いたします」


★★★


スポンサードリンク



にほんブログ村 競馬ブログへ
他の競馬情報を見る方はこちら
posted by まこつん at 20:02 | Comment(0) | 海外競馬情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月11日

マスターフェンサー、ケンタッキーダービーの鞍上はルパルー騎手


★★★

5月4日に行われる米国のケンタッキーダービー(G1・チャーチルダウンズ競馬場・ダ2000m)に出走するマスターフェンサー(牡3、栗東・角田晃一厩舎)は、ジュリアン・ルパルー騎手とのコンビで臨むことがわかった

 マスターフェンサーは父ジャスタウェイ、母セクシーザムライ、その父Deputy Ministerという血統
伏竜S(OP)2着、ヒヤシンスS(L)4着で「JAPAN ROAD TO THE KENTUCKY DERBY」4位にランクイン
上位3頭がケンタッキーダービーの出走を辞退したため、同レースの出走権を獲得している

 ルパルー騎手はフランス出身の35歳
2005年に米国の騎手免許を取得
近年ではテピンとのコンビでG1・6勝、クラシックエンパイアとのコンビでG1・3勝をあげるなど、米国のトップジョッキーとして活躍している

★★★


スポンサードリンク



にほんブログ村 競馬ブログへ
他の競馬情報を見る方はこちら
posted by まこつん at 23:00 | Comment(0) | 海外競馬情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アエロリットの半妹エイコンドライトが初勝利


★★★

10日にオーストラリアのゴスフォード競馬場で行われた3歳未勝利戦(芝1600m・6頭)は、J.マクドナルド騎手が騎乗し、2番手で進めたエイコンドライト(牝3、豪・C.ウォーラー厩舎)が0.4馬身差で勝利した
勝ちタイムは1:38.67(重)

 エイコンドライトは父ロードカナロア、母アステリックス(その父ネオユニヴァース)という血統で、2017年のNHKマイルC覇者アエロリットの半妹にあたる
吉田勝己オーナーの所有馬
今年の2月にデビューし、これまでは2・5・2着
1番人気となった4戦目で勝ち上がった
同馬は2017年のマジックミリオン・ゴールドコースト・イヤリングセールにて375,000豪ドル(本日のレートでは約2980万円)で落札された

★★★


スポンサードリンク



にほんブログ村 競馬ブログへ
他の競馬情報を見る方はこちら
posted by まこつん at 00:00 | Comment(0) | 海外競馬情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月10日

【クイーンエリザベスII世C】リスグラシューの鞍上は新コンビとなるO.マーフィー騎手


★★★

4月28日に香港のシャティン競馬場で行われるクイーンエリザベスII世C(G1・芝2000m)に出走するリスグラシュー(牝5、栗東・矢作芳人厩舎)は、オイシン・マーフィー騎手と初コンビを組むことがわかった

 リスグラシューは父ハーツクライ、母リリサイド、その父American Postという血統
前走の金鯱賞ではA.シュタルケ騎手が騎乗していた
豪華メンバーとなった金鯱賞2着後は放牧に出され、6日に栗東トレセンに帰厩している
今後は12日に検疫入りして、18日に2度目となる香港へ出国する予定となっている

 O.マーフィー騎手は、昨年JRAの短期免許を取得すると、12月15日から今年1月27日にかけて日本で騎乗し、コパノキッキングで制した根岸Sを含む25勝を挙げた
レース当週の金曜まで欧州で騎乗し、そこから香港へ向かう

★★★


スポンサードリンク



にほんブログ村 競馬ブログへ
他の競馬情報を見る方はこちら
posted by まこつん at 23:00 | Comment(0) | 海外競馬情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月09日

日本馬クルーガー、豪州最強馬ウィンクスと対決へ


★★★



13日にオーストラリアのランドウィック競馬場で行われるクイーンエリザベスS(G1・芝2000m・1着賞金232万豪ドル=約1億8420万円)の枠順が確定した

 このレースがラストランとされる豪州最強馬ウィンクス(牝7、豪・C.ウォーラー厩舎)は馬番が7番、ゲート番が9番
6日のドンカスターマイル(G1)から連闘となるクルーガー(牡7、栗東・高野友和厩舎)は馬番が5番、ゲート番が1番となった

 発走予定時刻は13日の日本時間14時5分頃(現地時間15時5分)
また、JRAの馬券発売は行われない

高野友和調教師のコメント】
「先日のレースでクルーガーが無事にあがってきて、騎手からも馬場は合っているし1,600メートルよりも長いほうが良いとのことでした。出走頭数も少なく引き続きT.ベリー騎手も乗れるので出走することとしました。

(ゲート番号1番について)先週柔らかい馬場でしたので状態が気になるところですが、枠順は悪くないですね。注目馬もいるので、クルーガーがどれほどの実力なのかが楽しみです。世界で注目されるレースになることと思います」

(JRAのホームページより)

★★★


スポンサードリンク



にほんブログ村 競馬ブログへ
他の競馬情報を見る方はこちら
posted by まこつん at 23:00 | Comment(0) | 海外競馬情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【英・グランドナショナル】タイガーロールが45年ぶり連覇達成 40頭出走で完走は19頭


★★★

6日にイギリスのエイントリー競馬場で行われた、同国でもっとも人気のあるレースとも言われる障害競走・グランドナショナル(7歳上・G3・芝約6907m・1着賞金500000ポンド=約7280万円)は、中団前目で進めたD.ラッセル騎手騎乗のタイガーロール(セ9・愛・G.エリオット厩舎)が、最後の障害の手前で先頭に立ち、最後は2着の紅一点マジックオブライト(牝8、愛・J.ハリントン夫人厩舎)に2.3/4馬身差をつけ優勝した
勝ちタイムは9:01.00(稍)

 今年は40頭が障害30個・6907mの舞台に出走し、完走したのは19頭
また、競走中止馬の影響で2周目にチェッカーフラッグが振られ、障害が1つパスされた

 タイガーロールは父Authorized、母Swiss Roll、その父アントレプレナーという血統
1973・74年のレッドラム以来となる45年ぶりのグランドナショナル連覇を達成
昨年はアタマ差の勝利だったが、今年は主役として出走し、完勝となった


★★★

毎年ながら、完走した馬の少なさよw


スポンサードリンク



にほんブログ村 競馬ブログへ
他の競馬情報を見る方はこちら
posted by まこつん at 02:00 | Comment(0) | 海外競馬情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
注目記事一覧



予想家さんたちの記事